【投資信託】月1万円×30年積立したらどのくらい増えるかシミュレーションしてみた

投資信託の始め方

今回は「【投資信託】月1万円×30年積立したらどのくらい増えるかシミュレーションしてみた」についてお伝えしていきます。

毎月1万円なら投資できるけど、その1万円を積み立てたら、将来どのくらい増えるんだろう?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 1万円×30年の運用結果がわかる
  • 福利のすごさがわかる
  • 投資信託を始めるべき理由がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】月1万円×30年のシミュレーション結果

まずは結果をお伝えします。

以下の画像をご覧ください。

たった1万円を30年間つみたてした結果、元手360万が、なんと1,200万になりました。

ちいさな1万円でも、複利の効果でどんどん資産は大きくなり、立派な資産となります。

【2】月1万円から始める積立投資のコツ3選

それでは、月1万円から積立を始めるにあたって、どんな点に注意すべきか、3つのポイントで解説します。

(1)長期運用をする

まず10年以上の長期運用をしましょう。

3年とか5年だと、どんなに優良銘柄であったとしても損することがあります。

10年20年30年と長く運用することで、多少バラツキはありつつも、右肩上がりになっていくので、長期で運用することをお勧めします。

(2)分散投資をする

銘柄も時間も分散させることが大切です。

銘柄を分散させるというのは、「株式、債券、不動産、ゴールド、ビットコインなどに例えば1万円ずつ投資をする」というように分散させたり、「アップルの株だけでなく、全世界株式に投資をする」というように分散させたりすることです。

また時間分散は、1回で100万投資をするのではなく、1万×100ヶ月というように、時間を分散させることを言います。

このように分散投資をすることで、限りなく失敗する可能性が減っていきます。

(3)ローコスト銘柄を選ぶ

コストがかからないものを選びましょう。

手数料がほとんどかからないものや、つみたてNISAを活用したり、iDeCo、ビットコインを活用したりすることで、無駄に手数料や税金がかかることなく、リターンが得られます。

コストがかからず、手軽に少額から始められるつみたてNISAが1番オススメです。

【3】月1万円から始めるつみたてNISAにオススメな銘柄3選

では、そんなつみたてNISAで選べるおすすめな銘柄を3つご紹介します。

(1)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

コストもかからず、銘柄としても優秀なのが「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

手数料は0.1%程度しかかからないですし、アメリカのトップ500社に投資をするファンドなので、今後も右肩上がりになっていく銘柄です。

また、つみたてNISAでも扱えるので、かなり優秀な銘柄と言えるでしょう。

(2)eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

同じく少ないコストで扱えて、世界中に分散ができるのが「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」です。

1つの銘柄で世界中に投資ができて、なおかつコストも安い。

これも優秀でしかないです。

(3)eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

3つめは、これから大きく伸びてくるであろう「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」です。

これからも人口がどんどん増えるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)は、人口増加とともに経済成長もしていき、この数十年で大きな進化をしていくと思っています。

その伸びしろと、コストのやすさ、つみたてNISAで扱えることなど考えて、ここも投資をしておいて間違いないでしょう。

【4】さいごに

さいごに「【投資信託】月1万円×30年積立したらどのくらい増えるかシミュレーションしてみた」おさらいです。

  • 1万円×30年のシミュレーション結果は、総額1,200万超えとなった
  • 月1万円から始める積立投資のコツ3選
  • (1)長期運用をする
  • (2)分散投資をする
  • (3)ローコスト銘柄を選ぶ
  • 月1万円から始めるつみたてNISAにオススメな銘柄3選
  • (1)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • (2)eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • (3)eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

積立投資は、値段が安いときでも高いときでも、効果は変わりません。

重要なのは、早く始めるか遅く始めるかです。

早く始めることで、より大きな複利の効果を実感できるので、今すぐ以下のリンクから口座開設だけでもしておきましょう!

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました