【2022年2月最新】仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングTOP5

記事一覧

今回は「仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングTOP5」についてお伝えしていきます。

いま人気の仮想通貨は何だろう?

銘柄ってたくさんあって

選ぶのが難しいんだよなぁ

こんな悩みを解決します。

最後まで見ていただければ、銘柄選びのポイントや、おすすめの銘柄がわかるので、投資の参考になるでしょう。

bitFlyer

【1】仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングTOP5

おすすめ銘柄のTOP5は次のとおりです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BNB(バイナンスコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • MATIC(ポリゴン)

それぞれわかりやすく解説していきます。

(1)BTC(ビットコイン)

ビットコインは、すべての基軸となる通貨なので、不動の1位です。

仮想通貨が伸びるなら、ビットコインも必ず伸びるので、ここはマストです。

ビットコイン積立をしておけばまず間違いないでしょう。

(2)ETH(イーサリアム)

イーサリアムも不動の2位です。

なぜこんなにも人気なのかというと、イーサリアムも基軸となっているからです。

簡単に説明すると、イーサリアムはアプリを作るためのプラットフォームで、身近な例で言うと、iPhoneの「App Store」やAndroidの「Playストア」で、そこで使われる通貨がETHです。

なので、仮想通貨で新たなサービスやアプリが増えれば増えるほど、イーサリアムの価値も上がっていきます。

(3)BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコインは、BINANCEが世界一の取引所である限り、投資をしておいて間違いないでしょう。

BINANCEで取引するユーザーは、BNBで取引することで、手数料が安くなったりするので、恩恵がでかいです。

BINANCEは非常に使いやすいので、BNBもまず間違いないです。

(4)DOT(ポルカドット)

ポルカドットは、時価総額ランキングも上位に位置しており、今後需要が増えるであろう通貨です。

どんな技術かと言うと、BTC→ETHに送金しようとすると、通貨が違うのでお金は消えてしまいますが、ポルカドットはそれを可能にする技術です。

他通貨間の移動ができるようになるので、今後仮想通貨が発展すれば、ポルカドットの需要も大きく上がるでしょう。

(5)MATIC(ポリゴン)

ポリゴンはまだまだ新しい通貨ですが、今後需要が高まります。

理由は、イーサリアムの問題点を克服したシステムだからです。

ポリゴンはイーサリアムの上位互換で、イーサリアムの欠点を補っています。

そして、ポリゴンはイーサリアムのシステムの一部なので、使い勝手はイーサリアムとさほど変わらず、デメリットは克服されているというものなのです。

そのため、今後イーサリアムよりもポリゴンの方が発展する可能性もあるので、ここも積立で掛けておくとよいでしょう。

⇨「ビットフライヤー」公式サイト

【2】さいごに

さいごにおさらいです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BNB(バイナンスコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • MATIC(ポリゴン)

どれも時価総額ランキングトップの銘柄で、投資をしておいて間違いないでしょう。

ただ、スポット購入は失敗しやすいので、少額の積立投資をおすすめします。

ビットフライヤーなら積立投資ができるので、サクッと無料で口座開設だけでもしときましょう!

⇨「ビットフライヤー」公式サイト

bitFlyer

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました