【2022年4月】仮想通貨(暗号資産)おすすめ銘柄7選

記事一覧

今回は「【2022年4月】仮想通貨(暗号資産)おすすめ銘柄7選」についてお伝えしていきます。

今投資をしておくべき、オススメな銘柄はなんだろう?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • オススメな銘柄がわかる
  • 投資すべき理由がわかる
  • 銘柄の特徴がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】仮想通貨(暗号資産)おすすめ銘柄7選

まずはおすすめな銘柄を、特徴なども含め、7つ紹介していきます。

(1)BTC(ビットコイン)

時価総額ランキング堂々の1位であるビットコインは、まず保有しておいて間違いない銘柄です。

ビットコインはすべての通貨の基軸となるので、仮想通貨が盛り上がるのであれば、必ずビットコインも盛り上がります。

仮想通貨に投資をするなら、ビットコインは持っておいて損はないでしょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

(2)ETH(イーサリアム)

イーサリアムは、ビットコインの次に時価総額が高い銘柄です。

ブロックチェーンアプリの開発には、イーサリアムが必要不可欠なので、これも保有しておいて損はない銘柄です。

今後、多くのブロックチェーンアプリが開発されていけば、イーサリアムも値上がりするので、ぜひ保有しておきましょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

(3)BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコインは、時価総額ランキング3位の銘柄で、世界一の取引所「BINANCE」で取引できる銘柄です。

バイナンスコインを使えば、BINANCEでの取引手数料が安くなったり、ビットコインよりも素早い送金ができます。

BINANCEが世界一の取引所であるかぎりは、間違いなく今後も値上がりすると思っているので、保有しておくのがオススメです。

⇨「BINANCE」公式サイト

(4)MATIC(ポリゴン)

ポリゴンは、イーサリアムのレイヤー2で開発された、イーサリアムの欠点を補うための銘柄です。

イーサリアムは、値段が高くなっている分手数料が高かったり、アクセス集中による遅延が問題となっていて、それを解決したものがポリゴンです。

イーサリアムが人気であれば、ポリゴンも人気が出てくるので、今のうちに仕込んでおくことをオススメします。

⇨「BINANCE」公式サイト

(5)DOT(ポルカドット)

ポルカドットは、他通貨間取引を実現できる通貨で、今後も需要が高まっていくと感じています。

本来てあれば、「BTC→BTC」しかできないのが、「BTC→ETH」へ送金できたりします。

仮想通貨が普及すればするほど、ポルカドットの需要も高まってくるので、保有しておいて損はないでしょう。

⇨「BINANCE」公式サイト

(6)ATOM(コスモス)

コスモスは、ポルカドットのように他通貨間取引ができる通貨です。

違いは、ポルカドットは通貨ですが、コスモスはトークンの相互取引ができます。

また、ポルカドットとコスモスも相互取引できるので、この2つが普及すれば、全通貨相互取引ができるようになります。

ポルカドットと同様、コスモスも必然的に必要なサービスとなる可能性が高いので、早めに投資をしておきましょう。

⇨「BINANCE」公式サイト

(7)SOL(ソラナ)

ソラナは、イーサリアムキラーと呼ばれる、新しいブロックチェーンプラットフォームです。

身近な例で例えるなら、「イーサリアム→App Store」「ソラナ→playストア」のようなものです。

アプリ開発のプラットフォームとして、両者は優秀なので、時価総額ランキングも高い、ソラナにも投資をしておくことをオススメします。

⇨「BINANCE」公式サイト

【2】銘柄の選びのポイント

つづいて、どんな視点で銘柄を選んでいるのか解説していきます。

(1)時価総額

まずは時価総額ランキングなどを見て判断します。

単純な話しですが、時価総額ランキング上位というのは、みんなが支持していることでもあります。

多くの人に支持されているという、信用されているかどうかを最初に見ています。

(2)銘柄の特徴

続いて、その銘柄がどんな特徴を持っているのかを調べます。

特徴を知った上で、それが今後伸びるのか、需要が高まっていきそうなのかを予想します。

ポルカドットがいい例ですが、相互取引できるようになるのは、大きなメリットでしょう。

だからポルカドットは伸びると、ぼくは判断しました。

【3】負けない買い方

じゃあどんな投資の仕方をすれば良いのかを解説していきます。

(1)積立投資がベスト

負けない投資をするのなら、積立投資がベストです。

積立投資なら、長期運用することで負けにくいですし、毎月勝手に引き落とされるだけなので、楽ちんです。

(2)なぜ負けにくいのか

なぜ積立投資が負けづらいのかと言うと、毎月定額で引き落とし続けるということは、暴落していても積立します。

暴落後も積立し続けていれば、保有している平均単価は、どんどんさがっていきます。

さがった結果、その位置よりも高ければリターンを得られるので、さがっていても勝てるのが積立投資です。

【4】さいごに

さいごに「【2022年4月】仮想通貨(暗号資産)おすすめ銘柄7選」おさらいです。

  • (1)BTC(ビットコイン)
  • (2)ETH(イーサリアム)
  • (3)BNB(バイナンスコイン)
  • (4)MATIC(ポリゴン)
  • (5)DOT(ポルカドット)
  • (6)ATOM(コスモス)
  • (7)SOL(ソラナ)
  • 時価総額が大きいかどうかが重要
  • 銘柄の特徴に将来性があるかどうか
  • 負けない買い方は積立投資がベスト
  • 積立投資なら暴落が起きても利益が出る

⇨「コインチェック」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました