【2022年4月】積立投資おすすめ銘柄15選

記事一覧

今回は「【2022年4月】積立投資おすすめ銘柄15選」についてお伝えしていきます。

投資を始めたいから、積立投資でおすすめの銘柄を知りたい!

こんな悩みを持っている方に最適な内容となっています。

今回の内容を理解することで、明確にどの銘柄に投資をすべきかわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】つみたてNISAオススメ銘柄5選

つみたてNISAでオススメできる銘柄はこの5つです。

カンタンに解説していきます。

(1)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

アメリカのトップ500社に投資をするファンドです。

アメリカは、世界を牽引するトップ企業がゴロゴロいて、その500社に投資ができるので、まずオススメです。

(2)eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

世界中の上場企業に投資ができるファンドです。

この銘柄一つで、投資の大原則である「長期・分散・投資」ができるので、超優秀な銘柄です。

(3)eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

先程の全世界株式と違う点は、日本が入ってないことです。

日本の未来の先が無いと思うのであれば、こちらの方がおすすめです。

(4)eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

アメリカ、イギリス、フランス、カナダなど、主要国他18国に投資をするファンドです。

先進国に限定しているので、ここも比較的伸びは良いです。

(5)eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

BRICsをはじめ、その他23カ国に投資をしているファンドです。

今や中国やインドなどが爆発的な経済成長を遂げているため、新興国株式も注目を浴びています。

BRICsが世界を支える日も、そう遠くはないかもしれません。

初株キャンペーン

【2】投資信託オススメ銘柄5選

投資信託でオススメな銘柄は、つぎの5つです。

カンタンに解説していきます。

(1)eMAXIS Neo 自動運転

読んで字のごとく、自動運転を開発している企業に投資をするファンドです。

今後自動運転は、少しずつ普及してくると思っているので、オススメです。

(2)eMAXIS Neo ウェアラブル

ウェアラブルは、スマートグラスやスマートウォッチなど、身につけるスマートデバイスのことを言い、そこに投資をするファンドです。

3Gから4Gに変わったときに、スマホやスマートウォッチ、スマートデバイスが増えたように、4Gから5Gへの変革のときなので、多くのウェアラブルデバイスが登場してくると思います。

そうなれば、多くの人が利用し、このファンドの価値も上がっていくでしょう。

(3)eMAXIS Neo ナノテクノロジー

ナノテクノロジーの応用範囲は多岐にわたり、一言で言えば原子をあやつることです。

原子を操ることで、あらゆる分野で新機能や、新しい性質を生み出すことができるので、まず間違いなく伸びてくるでしょう。

(4 )eMAXIS Neo バーチャルリアリティ

VRやARなどは、5Gが普及してくる世の中に欠かせないものとなるでしょう。

5Gが当たり前になれば、アニメのような世界が実現でき、今のVRゴーグルなども小型化されれば、必ず普及してくること間違いなしです。

(5)インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド(世カエル)

世界中のブロックチェーンを用いた企業に投資するファンドです。

今後仮想通貨が伸びていくのと同時に、ブロックチェーンを用いた企業も、必ず成長していきます。

ここも早めの投資をおすすめします。

初株キャンペーン

【3】仮想通貨オススメ銘柄5選

仮想通貨でオススメな銘柄は、つぎの5つです。

カンタンに解説していきます。

(1)BTC(ビットコイン)

ビットコインは仮想通貨の中で時価総額一位なのでまず間違いないでしょう。

それでも仮想通貨に通ずる唯一のコインなので、そこに投資をしておけば、仮想通貨への分散投資にもなります。

迷ったらビットコインに積立しましょう。

(2)ETH(イーサリアム)

イーサリアムは、今やブロックチェーンアプリを作るために必須の通貨となっています。

アプリを作るためには、イーサリアムというプラットフォームが必要で、そのプラットフォーム内で使われる通貨が、ETHになります。

ETHも伸びてくるでしょう。

(3)BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコインは、世界一の取引所である「BINANCE」で使われる通貨です。

バイナンスコインを使うことで、手数料を安くすることができるので、BINANCEユーザーには必須のコインです。

BINANCEが世界一である限り、バイナンスコインも必須なので、ここも伸びてくるでしょう。

(4)DOT(ポルカドット)

ポルカドットは、他通貨取引ができる通貨です。

今までは、ビットコインはビットコインにしか送れなかったのが、ビットコインからイーサリアムへと送金が可能になるシステムです。

必ず需要は高まるでしょう。

(5)ATOM(コスモス)

コスモスも他通貨取引が可能です。

ポルカドットとの違いは、通貨というよりは、他トークン取引になります。

そしてもうひとつ注目の点が、ポルカドットとコスモスも他通貨取引ができるので、この2つが普及すれば、全通貨移動が可能になります。

仮想通貨が普及すれば、この技術の需要も高まるので、早めに投資をしておきましょう。

コインチェック

【4】さいごに

さいごに「【2022年4月】積立投資おすすめ銘柄15選」おさらいです。

  • つみたてNISA
    1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
    2. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
    3. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
    4. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
    5. eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 投資信託
    1. eMAXIS Neo 自動運転
    2. eMAXIS Neo ウェアラブル
    3. eMAXIS Neo ナノテクノロジー
    4. eMAXIS Neo バーチャルリアリティ
    5. インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド(世カエル)
  • 仮想通貨
    1. BTC(ビットコイン)
    2. ETH(イーサリアム)
    3. BNB(バイナンスコイン)
    4. DOT(ポルカドット)
    5. ATOM(コスモス)

これらに投資をしておけば間違いないと思って、ぼくは投資をしています。

購入するなら積立投資にしましょう。

スポット購入は大きく負けやすいので、負けても小さな損失で済む積立投資がオススメです。

10年〜20年以上つみたて続ける予定でいます。

ぜひ真似してみたい方や、銘柄の詳細を確認したい方は、以下のリンクをチェック!

⇨「コインチェック」公式サイト

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました