【最高の教育】モンテッソーリ教育で自律した子に育てる

記事一覧

【最高の教育】モンテッソーリ教育で自律した子に育てる

■はじめに

モンテッソーリ教育を知ることで、子供をのびのびと、「自律」した子に育てることができます。

モンテッソーリ教育は、多くの成功者が実際にその教育を受けており、あの将棋で有名な「藤井聡太さん」もモンテッソーリ教育を受けていたことで有名になりました。

モンテッソーリ教育は、子供を中心に、子供の好きを伸ばしていく為、制限されることなく、好きなことはぐんぐんのびていきます。

そんなモンテッソーリ教育を今回は解説していきます。

■結論

結論は以下の4つを軸に子供と接していきます。

  • 【子供を主体にする】
    1. 大人は「環境を整えること」に注力する
    2. 子どもの「好き」に気づいてあげる
    3. 集中しているときには邪魔をしない
    4. 人と比べない
    5. 否定から入らずに子どもをまるごと肯定しよう
  • 【子供の自主性を育む】
    1. 子どもが興味を持っていることを一緒に探求する
    2. 失敗を経験するまで待つ
    3. どうしたらいいかを一緒に考える
  • 【正しく叱る】
    1. ダメなものはきっぱりと
    2. 理由は「簡潔」「具体的」、かつ「穏やかに」に
    3. 「ポジティブ」に言えればなおよし
    4. 態度をコロコロ変えない
  • 【子どもと向き合う】
    1. 食卓にはスマホを持っていかない
    2. どうしても使うときは子どもに許可を取る

それでは解説に移ります。

項目1:子供を主体にする

  • 大人は「環境を整えること」に注力する

子供にしてほしくないことは、親があらかじめ手を回しておきます。

どういうことかと言うと、例えば部屋がおもちゃで溢れかえっていると、色々なおもちゃに注意散漫になります。そうならないよう事前に部屋をキレイにしておきます。

このように、事前に親が環境をコントロールし、子供が集中しやすい部屋づくりをしましょう。

  • 子どもの「好き」に気づいてあげる

将棋の藤井聡太さんは寝る時間以外は、ほとんどリビングで過ごし、パソコンやスマホなどで毎日対局していたそうです。

あなたの子供がこうしていたらどうでしょうか?

「外で遊ぶよ!」などと言いたくなるかもしれませんが、普段からしっかり観察している親だったからこそ、「好き」に気付いてそのまま集中させていたのだと思います。

毎日子供と向き合い、子供の「好き」に気づいてあげましょう。

  • 人と比べない

人と比べる必要は全くありません。

人それぞれ得手不得手は絶対ありますし、やってきた量も人それぞれ違います。

本人のペースを尊重してゆっくり待ってあげましょう。

  • 否定から入らずに子どもをまるごと肯定しよう

子供のすべてをまるごと受け止め、肯定してあげてください。

大人から見たら大したことないことでも、子供からしたら目が輝くほど素晴らしいことなのかもしれません。それをパパママに共有したいと思っている子供の気持ちって、可愛くありませんか?

子供の気持ちを受け入れ、すべて肯定する癖をつけましょう。

項目2:子供の自主性を育む

  • 子どもが興味を持っていることを一緒に探求する

子供が興味を持っていることを一緒に探求しましょう。

一緒に行動をすることで、親子のコミュニケーションにもなり、子供は「自分のことを見てくれてる」という自己肯定感も育むことができます。

子供に連れられて行くのではなく、親から自主的に動いてあげるとなお良いでしょう。

  • 失敗を経験するまで待つ

成功も失敗も「経験」が大事ということを理解させてあげましょう。

チャレンジした結果がどうあれ、そのチャレンジしたという経験が重要です。失敗した場合、「あー、失敗しちゃったね」ではなく、「じゃあ次はどうすれば出来るようになるのかなあ?」と子供主体で考えさせることで、「失敗=ダメ」という概念を無くすことができます。

失敗を恐れずガンガン突き進む子に育てましょう。

  • どうしたらいいかを一緒に考える

上記でも軽く触れましたが、一緒に考えたり、子供に答えを出させることはとても必要なことです。

大人がすべて答えを出してしまえば、子供は考えず、指示待ち人間となってしまうでしょう。そこで、大人は軽くヒントや手助けをする程度で、子供に「なぜ?」を問いかけてあげましょう。

そうすると子供は次第に一人で考え、解決できる子へと成長していきます。

項目3:正しく叱る

  • ダメなものはきっぱりと

ダメなことはきっぱりと伝える。

相手を傷つけたり、ものを投げたり、急に道に飛び出したり。

やってはいけないことをしたら、ちゃんと伝えましょう。

  • 理由は「簡潔」「具体的」、かつ「穏やかに」に

理屈を伝えても子供はわかりません。なるべく簡単な言葉やジェスチャーなどを使って、子供に伝えましょう。

  • 「ポジティブ」に言えればなおよし

伝え方がポジティブであれば理想的です。

ネガティブな言葉をネチネチ言われると、大人も嫌なように、子供も嫌な気分になります。

言葉の使い方を意識していきましょう。

  • 態度をコロコロ変えない

伝えることには一貫性を持ちましょう。

昨日は良かったけど今日はダメということが起きると、子供は何がよくて、何が悪いのかわかりません。

態度をコロコロ変えず、一貫性を持つよう意識していきましょう。

項目4:子供と向き合う

  • 食卓にはスマホを持っていかない

大人がスマホに夢中になってしまうと、子供もコミュニケーションがとれません。

なるべく食卓にはスマホやタブレット、テレビなどつけないようにし、家族の会話を楽しむと良いです。

  • どうしても使うときは子どもに許可を取る

それでも仕方なくスマホをさわらないといけないときもきっとあるでしょう。

そういうときは、子供にしっかり伝えます。

「〇〇のことですぐ連絡しないといけないから、ちょっとだけメールしてもいいかな?」

と一言添えるだけで、子供も安心できるでしょう。

スポンサーリンク

■まとめ

子供を見守り、しっかりスキンシップを取ることで、のびのび育っていきます。

  • 【子供を主体にする】
    1. 大人は「環境を整えること」に注力する
    2. 子どもの「好き」に気づいてあげる
    3. 集中しているときには邪魔をしない
    4. 人と比べない
    5. 否定から入らずに子どもをまるごと肯定しよう
  • 【子供の自主性を育む】
    1. 子どもが興味を持っていることを一緒に探求する
    2. 失敗を経験するまで待つ
    3. どうしたらいいかを一緒に考える
  • 【正しく叱る】
    1. ダメなものはきっぱりと
    2. 理由は「簡潔」「具体的」、かつ「穏やかに」に
    3. 「ポジティブ」に言えればなおよし
    4. 態度をコロコロ変えない
  • 【子どもと向き合う】
    1. 食卓にはスマホを持っていかない
    2. どうしても使うときは子どもに許可を取る

これらのことを頭に入れて子供とのコミュニケーションを楽しんでいきましょう。

■より多くの知識を得たい方

年間300冊以上読む私がおすすめする書籍を、ジャンル毎にTOP5を掲載しております。キンドルアンリミテッドで読める本を掲載しておりますので、そちらから知識を広めてみてください。

■今回の参考書籍

[kattene]
{
“image”: “https://shop.r10s.jp/rakutenkobo-ebooks/cabinet/2683/2000006092683.jpg”,
“title”: “【子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッドーーー「自律した子」の育て方すべて】”,
“description”: “【堀田はるな】”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07B2RPGSN/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=rasa38-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07B2RPGSN&linkId=ab1a4d33050c568089ce55f9725ce9ee”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “blue”,
“url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07B2RPGSN/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=rasa38-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07B2RPGSN&linkId=ab1a4d33050c568089ce55f9725ce9ee”,
“label”: “Kindle”
},
{
“color”: “red”,
“url”: “https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1e743ed5.7718d1d1.1e743ed6.0ded71b7/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2F900279e331c33138800adf384f48327e%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjEsImFtcCI6ZmFsc2V9”,
“label”: “楽天”
},
{
“color”: “green”,
“url”: “https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1e743ed5.7718d1d1.1e743ed6.0ded71b7/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2F900279e331c33138800adf384f48327e%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjEsImFtcCI6ZmFsc2V9”,
“label”: “楽天Kobo”
}
]
}
[/kattene]

コメント

タイトルとURLをコピーしました