【ロードマップ】ブログで月¥10,000達成するためにやったこと9選

記事一覧

今回は「【ロードマップ】ブログで月¥10,000達成するためにやったこと9選」というテーマでお伝えしていきます。

ブログで1円も稼げてない

100記事超えてるのに収益が少ない

勉強を実践してるけど収益がでない

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • なぜブログで稼げないのかわかる
  • ブログで10,000円稼ぐための方法がわかる
  • これから何をすべきかわかる

ぜひ最後までご覧ください。



【1】はじめに

今回の記事は、「ライティングだとか、ベネフィットだとか、すでに一通り勉強してるけど収益が少ない」って人たちをターゲットにしてます。

めちゃくちゃ勉強してるのになんで収益が発生しないの?と感じている方が多いと思います。

そんな方たちのために、ぼくはこれを意識したら月10,000円を達成したよ!というのを紹介していきます。

マネすることで上手くいく確率も高まるので、ぜひ最後までご覧ください。

【1】なぜ収益が少ないのか

まずどうして収益が発生しないのかと言うと、大きく分けると3つに分類できます。

  • 文章がへたくそ
  • インプレッションが少ない
  • アフィリエイト単価が低い

だいたいこの3つのどれかに当てはまるはずなので、それぞれ解説します。

(1)文章がへたくそ

まず当たり前ですが、文章がへたくそだったらそりゃあ成約してもらえません。

だいたいそういう人たちは、うまい人のブログを見てないパターンが多いです。

本やネットの情報である程度の文章力を学んだかもしれませんが、実際に生の文章を見て、読みやすい人のブログをマネる必要があります。

要は、競合サイトのリサーチ不足なので、しっかりリサーチする必要があります。

(2)インプレッションが少ない

つづいて、インプレッション=PVのことですが、見られる回数が少なすぎることがあります。

SNSを活用していなかったり、変にこだわって「おれはSEOだけで勝負するんだ」と思っていると、インプレッションは稼げません。

稼げないことをやり続けても意味はないので、そんなこだわりは捨てて、インプレッションを増やすための行動をする必要があります。

Twitter、Instagramなどを活用し、インプレッションを上げる努力が必要です。

(3)アフィリエイト難度が高い

3つ目は、あなたが選んでいるアフィリエイトは、そもそも難易度が高い可能性があります。

どういうことかと言うと、「需要が少なすぎる」「お金を払う必要がある」「単価が安い」のどれかに当てはまると、成約してもらうのが難しいかもです。

そもそもほしい人が少なすぎれば売れる訳ありませんし、「初月無料」か「初月から1,000円発生」だったら、初月無料のほうが成約されやすいですし、「1件500円のアフィリエイト」よりも「1件10,000円のアフィリエイト」の方が稼ぎやすいです。

あなたが選んでいるアフィリエイトが、これらに当てはまってないかチェックしましょう。



【2】じゃあ何すればいいの?

ではなにをすればいいのかと言うと、やっと今回の本題です。

「もうおれは基礎的な部分は備わっている」

「基礎がわかっていても利益が出てない」

という方は、次の9個をぜんぶ試してみてください。

この記事のゴールは、あなたに10,000円稼いでもらうことなので、絶対に10,000円稼げるようにします。

(1)毎日1記事制作

1個目は、毎日1記事ブログ制作をしてください。

これは単純にインプレッションを上げるという意味もありますし、より文章力を鍛える意味もあります。

あとは、毎日ちがう言い回しでアフィリエイトを紹介することで、Aという記事では心に刺さらなかったけど、Bという記事なら心に刺さったから成約する。ということもありえます。

とにかく利益が出ていないうちは、毎日記事を更新しましょう。

(2)SNSを活用する

2つ目は、インプレッションを増やすためにTwitterやInstagramなどのSNSを活用しましょう。

「SEOでがんばりたい」

「フォロワー少ないからムダ」

稼ぎたいのなら、そんなしょーもない理由はいますぐゴミ箱かトイレにでも流してきてください。

稼ぐことを目的としているのなら変なこだわりを捨て、「今日の記事はこちら」って感じでSNSに投稿しましょう。

(3)無料オファーに変更

3つ目は、「購入してくれたらアフィリエイト報酬発生」というものではなく「無料登録でアフィリエイト報酬発生」というものに変更しましょう。

お金を払うというのはハードルが高く、そうかんたんには成約してくれません。

たとえば「bitflyer」なら、無料口座開設で10,000円の報酬が発生しますし、さらに口座開設してくれた人にはキャッシュバックもついてくるので、読者へのハードルは少なく、スムーズに報酬が発生します。

読者がお金を払うアフィリエイトを選んでいるのであれば、無料オファーのものに変更しましょう。

(4)デザインにこだわる

4つ目は、パッと見の見た目やデザインにこだわることです。

当たり前ですが、デザインが微妙だとすぐ離脱される可能性が高まります。

ぼくの場合、見出しの中身が「普通の文字」「太字と青マーカー」「普通の文字」「吹き出し」という構成にして、読者に飽きさせないようにしてます。

マネしていいので、読みやすいデザインは積極的に取り入れてみてください。

(5)上手い人のブログをマネる

5つ目は、有名なブロガーさんの書き方とか、リンクの文字とか、なんでもマネていくことです。

自己流でやるよりも、すでに上手くいっている人のデザインやキーワード、タイトルなどを参考にすることで、わざわざ考えなくてもうまいブログが作れます。

「いやいや、そんなんパクリじゃん」って思うかもしれませんが、そのこだわりも捨てたほうがいいです。

完全パクリはだめですけど、参考にするのはれっきとした戦略なので、ひたすら人のブログを見て参考にしましょう。

(6)ライティングの型にこだわる

6つ目は、自分に合うライティングの型を見つけて実践することです。

ぼくが活用しているライティングの型は3つあり、「PREP法」「ゴールデンサークル法」「SDS法」の3つをよく活用しています。

ライティングの型は、これ以外にもまだまだあるので、自分に合った型を検索してみましょう。

そして実際に活用し、自分が使いやすい型だったり、パッと見で読みやすいものを採用しましょう。

(7)ブログカードで視認性を確保

7つ目は、ブログカードと言って、ぼくのホーム画面のようなアピールエリアを活用します。

ブログカードを活用することで、ホーム画面に飛んでくれた方に大きくアピールすることができ、次のアクセスへと繋がります。

自分が全力で作った推したい記事をブログカードに設定することで、よりアクセスを集めることができます。

全力記事を作ったら、ブログカードに設定し、視認性を高めましょう。

(8)高単価アフィリエイトに変更

8つ目は、報酬の高いアフィリエイトに切り替えることです。

なぜなら、1,000円の商品でも、10,000円の商品でも、ブログで売る上では難易度はたいして変わりません。

なので、1件あたりの単価を高めて、購入してくれる人数が少なくても利益が出る案件にするのがオススメです。

ぼくがやってるように、タダ+高単価である「bitflyer」の口座開設アフィリエイトや、「LINE証券」の口座開設アフィリエイトなら、たいしてむずかしくないのでオススメです。

(9)クリックしやすい文字に変更

9つ目は、リンクをクリックしやすい文面に変換することです。

たとえば、「いまなら口座開設で2,000円分のキャッシュバック中!いますぐbitflyerの口座開設をしよう」という文面より、「bitflyer」という単語にリンクを貼ったり、このページ下部にもありますが、⇨「ビットフライヤー」公式サイトとした方が、売られてる感がないのでクリックされやすくなります。

売られてる感を減らし、自然にアクセスできるような文面にすると、リンククリックに繋がります。



【3】さいごに

さいごに「【ロードマップ】ブログで月¥10,000達成するためにやったこと9選」のまとめです。

  • なぜ収益が少ないのか
    1. 文章がへたくそ
    2. インプレッションが少ない
    3. アフィリエイト難度が高い
  • じゃあ何すればいいの?
    1. 毎日1記事制作
    2. SNSを活用する
    3. 無料オファーに変更
    4. デザインにこだわる
    5. 上手い人のブログをマネる
    6. ライティングの型にこだわる
    7. ブログカードで視認性を確保
    8. 高単価アフィリエイトに変更
    9. クリックしやすい文字に変更

今稼げていないひとは、そもそもむずかしい案件にチャレンジしている可能性があります。

そんな方は「bitflyer」や「LINE証券」のような無料案件にチャレンジすることをオススメします。

まだ口座開設していない方は、実際に開設し開設の流れをスクショ撮りながら保存したあと、「解説の流れ」というテーマで1記事作成するのがいいです。

今まで作ってきた記事があると思いますが、そのジャンルは稼いだあとに継続すればいいので、稼ぎたいのなら稼げる案件にシフトチェンジしましょう!

⇨「ビットフライヤー」公式サイト

⇨「ライン証券」公式サイト

「Conoha Wing」公式サイト



コメント

タイトルとURLをコピーしました