投資信託の出口戦略とは?積立資産の引き出し方を解説

記事一覧

今回は「投資信託の出口戦略とは?積立資産の引き出し方を解説」についてお伝えしていきます。

投資信託などの積立は、いつ、どうやってやめればいいんだろう?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 積立資産の出口戦略がわかる
  • おすすめな切り崩し方がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】出口戦略とは?

出口戦略とは何かというと、投資信託で貯まったお金を、同計画的に引き落としていくかという戦略です。

この出口戦略が優秀であれば、資産の寿命が長く続くので、知っておいて損はない知識です。

【2】投資信託の出口戦略3選

出口戦略は3つの種類があるので、それぞれ解説していきます。

(1)分散して切り崩す

まず、基本中の基本ですが、毎月積み立てるのと同じように、毎月切り崩し続けるという、時間分散させる方法です。

一気に全額売ってしまうのは、これから資産が増えていくであろう可能性も、すべて潰してしまうことになります。

時間分散させて切り崩すのが基本です。

(2)定率で切り崩す

時間分散させて切り崩すやり方の中でも2種類あって、ひとつめは定率で切り崩し続けることです。

例えば1,000万円溜まったのなら、そのうちの5%を切り崩し続けるというやり方です。

そうすれば、残りの95%は再度運用され、長期運用すれば、増える可能性が高いでしょう。

(3)定額で切り崩す

次は、定額で切り崩し続ける方法てす。

さきほどは%でしたが、今回は、毎月10万ずつ切り崩し続けるという、定額なやり方です。

こちらも定率と同じように、残りの資産が勝手に働いてくれるので、資産が長持ちします。

【3】オススメは定率で切り崩す

では、どんなやり方が一番良いのかというと、ぼくは4%という定率で切り崩すやり方をオススメします。

理由や内容を解説していきます。

(1)4%ルールとは?

4%ルールは何かというと、投資信託は基本5〜7%くらいで平均して運用されます。

これは、大暴落や大暴騰も含め、平均するとだいたいそのくらいの運用結果となります。

そこで、税金分や、手数料を引いた4%で切り崩し続ければ、資産は減らないよというルールです。

(2)なぜ資産が減らないのか

なぜ資産が減らないかと言うと、100万の4%は4万ですよね。

96万になっても、また運用して100万になるので、理論上は資産がなくならないという仕組みです。

なので、4%ルールという出口戦略を活用すれば、一生資産は減らず、引き出し続けることが可能になるのでオススメです。

【4】さいごに

さいごに「投資信託の出口戦略とは?積立資産の引き出し方を解説」おさらいです。

  • 出口戦略というのは、投資信託のやめ方を計画的に行うこと
  • 出口戦略は3種類ある
  • 1つ目は、一気に売るのではなく、分散して売却していく方法
  • 2つ目は、定率で引き出し続ける方法
  • 3つ目は、定額で引き出し続ける方法
  • この中でも定率で引き出し続ける方法が一番寿命が長くなる
  • 4%で引き出し続ければ一生資産はなくならない
  • 投信は平均5%で運用され、手数料や税金を抜いた4%ならなくならないという仕組み

4%ルールを活用すれば、積立資産は減ることなく一生運用し続けることができるので、ぜひ目指してみましょう。

まだ投資信託を始めできない方は、以下のリンクを使えば超カンタンに投資信託を始められるので、まだな方は早くやりましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました