【電気代の節約術】家の電気代が高い方にオススメな節約方法5選

節約速報

みなさんこんにちは!

きよまるライフハック図書館へようこそ!

今回は家の電気代を安くする為の節約方法5選というテーマでお伝えしていきます。

こんな方にオススメ
  • 電気代が毎月10,000円を超えている方
  • 電気代の見直しをしていない方
  • 電気代の節約方法を知らない方

これらに当てはまる方は損している可能性があるので、最後まで見ていただければ参考になるでしょう。

▼発信内容

この内容はKindle UnlimitedAmazon Audibleを活用した読書によって得た知識と、実体験を元に展開していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【1】家の電気代を安くする為の節約方法5選

家の電気代を安くする為の節約方法は次の5つです。

  • 主電源を切る
  • 家電の掃除をする
  • 料金プランの見直し
  • 省エネ家電へ切り換える
  • 電力会社を見直す

それでは詳しく解説していきます。

(1)主電源を切る

コンセントを抜いておいたり、スイッチを切ったりなど、使っていないものは、主電源を切っておきましょう。

待機電力と言って、コンセントに刺さっている最中も、電気を流し続けているので、知らずに電気代がかかっています。

使ってないものや、使用頻度が少ないものは、すぐに主電源を切りに行ってください。

(2)家電の掃除をする

家電を掃除していない方は、こまめに掃除をするようにしましょう。

各家電の給気口などにホコリが詰まっている場合、力を発揮するには、余分な電力を使わないと、本来の力は発揮できません。

各家電にホコリがなくなるようにし、機械本来の力を出せるようにしておくと、少ない電気代で済むでしょう。

(3)料金プランの見直し

今のプランを見直して、契約アンペアを下げると、料金が安くなります。

アンペア数毎の基本料金は次のようになっています。

  • 10A 286円
  • 15A 429円
  • 20A 572円
  • 30A 858円
  • 40A 1,144円
  • 50A 1,430円
  • 60A 1,716円

アンペアを下げると、ブレーカーが落ちやすくなりますが、料金は安くなります。

アンペアを上げると、落ちる心配はなくなりますが、料金が高くなります。

東京電力ホールディングス「家庭1軒あたりの使用量と契約電力」によると、一般家庭の契約アンペアの平均は34.88Aなので、30Aか40Aがオススメです。

(4)省エネ家電へ切り換える

古い家電や、電力を多く使う家電は、省エネ家電に切り替えましょう。

資源エネルギー庁「平成21年度 民生部門エネルギー消費実態調査および機器の使用に関する補足調査」よると、家庭の中で電力を使うランキングは次のようになっています。

  1. 冷蔵庫 14.2%
  2. 照明器具 13.4%
  3. テレビ 8.9%
  4. エアコン 7.4%
  5. 電気便座 3.7%
  6. その他 52.4%

この上位にランクインしている家電を変えることで、大きな節約効果を出してくれます。

冷蔵庫は「ハイセンス」がコスパが良い

照明器具は「アイリスオーヤマ」が安い

テレビは「アイリスオーヤマ」がインチも大きく安い

エアコンは「アイリスオーヤマ」がAmazonベストセラー1位

これらのメーカーに変えて、日々のコストを下げていきましょう。

(5)電力会社を見直す

電力会社を変えることで、よりポイントが貯まったり、電気代自体安くすることができます。

ソフトバンク利用中ならソフトバンクでんき

au利用中ならauでんき

楽天モバイル利用中なら楽天でんき

携帯キャリアと合わせることで基本料金が安くなったり、よりポイントが貯まることもあります。

【2】まとめ

さいごに、家の電気代を安くする為の節約方法5選のまとめです。

  • 主電源を切る
    • 使っていないものや使用頻度が少ないものは、主電源を切る
    • 待機電力によって、知らずに電気代がかかっている
  • 家電の掃除をする
    • こまめに家電を掃除すること
    • ほこりがあると余分な電力を使ってしまう
    • ほこりをとって、少ない電気代で済ませよう
  • 料金プランの見直し
    • 契約アンペアを下げると、料金が安くなる
    • アンペアを下げると、ブレーカーは落ちやすいが、料金は安くなる
    • アンペアを上げると、落ちる心配はなくなるが、料金は高くなる
    • 一般家庭の平均は34.88Aなので、30Aか40Aがオススメ
  • 省エネ家電へ切り換える
    • 古い家電や、電力を多く使う家電は、省エネ家電に切り替えよう
    • 上位にランクインしている家電を変えることで、大きな節約効果を出してくれる
    • 冷蔵庫は「ハイセンス」、照明器具、テレビ、エアコンは「アイリスオーヤマ」に変えよう
  • 電力会社を見直す
    • 電力会社を変えると、ポイントが貯まったり、電気代自体安くなる
    • 携帯キャリアと合わせるのもあり

以上が、家の電気代を安くする為の節約方法5選でした。

「めんどくさい」「また今度やろう」「お金に困ってない」など、やらない理由を考えるのは今からやめましょう。

今回の記事で、あなたにとって1番簡単なもの、もしくは1番有益だったものはどれでしたか?

それを今から行動しましょう!

▼無料でプレゼント

「読書の知識を1冊にまとめたnote」を無料で読むことができます!

きよまるライフハック図書館です!

  • 「本を読みたいけどめんどくさい」
  • 「どれを読んでいいかわからない」
  • 「手っ取り早く知識を身に着けたい」

そんなあなたのために!

「読書の知識を1冊にまとめたnote」をテーマにした無料で読めるnoteを書いています。

基礎的なこと〜中級者向けの教科書なので、すでに本を読む習慣がある方や、知識がある方は、得られるものは少ないかもしれません。

大した知識が得られなかった場合、24時間以内であれば返金可能なので、気軽にキャンセルしてください。

このnoteを読んでもらえば

  • 「複数の本を読むことなく、たった1冊で読みたいジャンルを理解することができる」
  • 「更新され続けるので、わざわざ新しい本を買って情報を仕入れる必要がない」
  • 「たった1冊にまとまっているので、最強の時間効率になる」

こんな未来が待っています。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」の内容は、以下の内容となっています。

などなど、、、

新しく仕入れた知識も追記して、どんどん更新していきます。

繰り返しですが、すべて購入後24時間以内は無料で読めます。

気に入ったらそのままご購入頂けるとモチベーションに繋がりますし、今後更新される情報も得ることができます。

もしお金を払いたくなければ、コピペしてキャンセルもOKです。(転載は著作権違反になるので注意してください!)

数十冊分の本を1冊で読むことができるので、正直かなりオトクです。

すべて目次までは誰でも見れるようになっていますので、ぜひ目次だけでも確認してみてくださいね。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました