【円安・円高とは?】メリット・デメリットをわかりやすく解説

節約術

今回は「【円安・円高とは?】メリット・デメリットをわかりやすく解説」についてお伝えしていきます。

いま円安が進んでるけど、自分たちにとってどんな影響があるの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 円安・円高がなにかわかる
  • どんな対策をしておけば良いかわかる
  • 円安・円高のメリット・デメリットがわかる

ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】円安・円高とは?

円安・円高を説明して!って言われたら説明できますか?

できなさそうな方は、それぞれどんなものなのか勉強して、話せるようにしておくと、話せたときに、おぉ!っと驚かれると思いますよ。

(1)円安ってなに?

円安というのは、円の価値が下がっていることを言います。

例えば、ドル円はいま127円くらいで、2021年時点では107円くらいでした。

ということは、1ドルで107円しか買えなかったのが、今は、1ドルあれば127円分も買えます。

このオトクな状態を円安と言います。

もう少し噛み砕くと、1ドルで107個のリンゴを買うのと、1ドルで127個のリンゴを買うとでは、127個買える方がオトクですよね。

これは、1個あたりの値段が安いから、たくさん買えます。

円安とはこういうことです。

(2)円高ってなに?

逆に円高というのは、円の価値が上がっていることを言います。

リンゴの例でいくと、今は127個もリンゴが買えますが、1個あたりの値段が高くなれば、買える数は少なくなります。

1ドルで107個しか買えないとなれば、リンゴの価値が高まっていることを指します。

これが円高です。

【2】円安・円高のメリット・デメリット

円安・円高のメリット・デメリットはどんなのがあるのか解説していきます。

(1)円安のメリット

円安のメリットは次のとおりです。

  • 海外で日本製品がよく売れる
  • 投資資産の価値が上がっていく

円安は海外視点で見ると、日本のものが安い状態です。

なので、日本製品を安く買えるので、輸出産業は伸びやすくなります。

また、すでに投資をしていれば、その投資資産を売却するときに、高い値段で日本円に換金できるので、勝手に資産価値も高まります。

(2)円安のデメリット

円安のデメリットは次のとおりです。

  • エネルギー資源の値段が高くなる
  • 海外製品の値段が高くなる

輸出品の値段が高くなるので、ガソリンなど、海外製品のものが非常に高くなります。

円安は、一般市民にとって、影響が大きいと言えるでしょう。

(3)円高のメリット

円高のメリットは次のとおりです。

  • 海外製品が安く買える
  • やすく海外旅行ができる
  • エネルギー資源の値段が安くなる

円高は、海外製品を安く買えるので、ガソリンの値段が安くなったり、安く海外に行けたりと、一般市民にとってはメリットが多いです。

(4)円高のデメリット

円高のデメリットは次のとおりです。

  • 投資資産の価値が下がる可能性がある
  • 海外で日本製品が売れにくくなる

日本の価値が高くなるので、日本製のものは海外からしたら、値段が高くなるので売れづらく、輸出産業の伸びが悪くなります。

また、その時期に投資資産を売却してしまうと、ちょっと損です。

【3】円安・円高の対策

円安・円高のメリット・デメリットなどはわかってきたかなと思いますが、それぞれどんな対策をすべきか解説していきます。

(1)円安のときはどうすれば良い?

円安のときこそすべきことは、日本円以外の金融資産を持つことです。

例えば、金融資産はこんなのがあります。

  • 海外株式
  • ゴールド
  • 海外不動産
  • ビットコイン

こういったものに常日頃から分散投資をしておくことで、日本円の価値が下がったとしても、リスクを減らすことができます。

日本円だけしか持ってないと、月収は変わらないのに、ガソリンとか、周りの物価は高くなります。

そうなると、手元に残る金額は減ってしまいますので、投資をしておくことをオススメします。

(2)円高のときはどうすれば良い?

円高のときは、実生活に悪影響は特にありません。

輸入国家である日本であれば、円高時は周りのものが安くなったり、海外旅行も安く行けたりするので、特に何も気をつけなくて良いでしょう。

【4】気をつけるポイント

さいごにもういちど、気をつけるべきポイントを整理して解説します。

(1)注意すべきは円安

注意すべきは円安時です。

円安のときは、物価が高くなったり、実生活に大きな悪影響がでてきます。

日本円だけというポートフォリオは、給料は変わらないのに、周りのものは高くなって、手元に残る金額が少ないということなので、円だけを持つということは、何もしなくても損していきます。

(2)円安のオススメ対策

ではどうするべきかと言うと「分散投資」をしておくことが重要です。

  • 投資信託
  • REIT投資
  • ゴールド投資
  • ビットコイン投資

など、ポートフォリオを分散させて、円の価値が下がっても、他でカバーできるように、分散させておくことが大切です。

【5】さいごに

さいごに「【円安・円高とは?】メリット・デメリットをわかりやすく解説」おさらいです。

  • 円安は円の価値が下がっている状態
  • 円高は円の価値が高い状態
  • 円安のメリット①海外で日本製品がよく売れる
  • 円安のメリット②投資資産の価値が上がっていく
  • 円安のデメリット①エネルギー資源の値段が高くなる
  • 円安のデメリット②:海外製品の値段が高くなる
  • 円高のメリット①:海外製品が安く買える
  • 円高のメリット②:やすく海外旅行ができる
  • 円高のメリット③:資源の値段が安くなる
  • 円高のデメリット①:投資資産の価値が下がる可能性がある
  • 徳聞えて手に、できるです海外で日本製品が売れにくくなる
  • 投資をはじめて、日本円以外にも分散投資をするばき

今のような円安状態のときは、気づいていませんが、大きく損しています。

日本円以外も持つことで、円が下がってもほかでカバーできるので、分散投資をしておきましょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました