【わかりやすく解説】ふるさと納税とは?3つの特徴と簡単なこと始め方を解説

記事一覧

今回は「ふるさと納税とは?3つの特徴と簡単なこと始め方を解説」というテーマでお伝えしていきます。

ふるさと納税って聞きたことあるけど、いったいなに?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • ふるさと納税がどんな制度かわかる
  • ふるさと納税の特徴がわかる
  • ふるさと納税の始め方がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

【1】ふるさと納税とは?

  • 自治体の特産物を買うと税金が安くなる
  • 払うべき税金の一部がモノで返ってくる

ふるさと納税とは自治体の特産物を買うことで、所得税と住民税が安くなるオトクな制度です。

なにもしなければ満額現金がなくなりますが、ふるさと納税を使えば、同じ納税額でも一部がモノになって返ってきます。

ふるさと納税は、働いているすべての国民が必ずオトクになる制度なので、毎年活用することをオススメします。

⇨ふるさと納税のシミュレーションをしてみる

特徴1:ふるさと納税には上限額がある

  • 年収や家族構成で上限額が決まる
  • シミュレーションができる

特徴の1つ目は、ふるさと納税できる金額には上限があることです。

上限は、年収や家族構成によっても違ってくるので、注意が必要です。

カンタンにシミュレーションできるので、まずは自分がいくら使えるか計算してみましょう。

⇨ふるさと納税のシミュレーションをしてみる

特徴2:寄付金のうち2,000円は自己負担

  • 総額のうち2,000円だけが自己負担
  • 複数買っても1つだけでも2,000円負担

特徴の2つ目は、寄付したお金のうち、2,000円だけは自己負担となります。

商品をひとつ買った場合も2,000円の自己負担ですし、1万円の商品を5個買った場合も、2,000円の自己負担です。

総額がいくらだろうと、商品を複数買おうと、別のお店から買おうと、2,000円だけは自己負担となります。

特徴3:寄付した分だけ税金がやすくなる

  • なにもしなければ税金はすべて現金納付
  • ふるさと納税を使えば一部がモノになる

特徴の3つ目は、寄付した分だけ所得税や住民税がやすくなります。

例えば、自分の税金が50万かかるとして、何もしなければ50万がそのまま税金としてかかってしまいます。

しかしふるさと納税であれば、452,000円は税金としておさめ、残り48,000はものと交換できるのがふるさと納税です。

支払う税金が変わらないなら、一部モノとして貰ったほうがオトクなので、ふるさと納税は全員トクします。

【2】ふるさと納税は全国民がオトクになる制度

  • ふるさと納税は誰でもトクする
  • 同じ税額払うのなら一部モノで返ってきたほうがオトク

ふるさと納税は、だれがやっても必ずオトクになる制度です。

同じ金額の税金を払わないといけないなら、そのうちの一部がモノと交換できたほうがオトクですよね。

人によってふるさと納税できる金額は変わってくるので、まずはシミュレーションをしてみましょう。

シミュレーションをしたら、毎年ふるさと納税をして、国の制度をオトクに活用しましょう。

⇨ふるさと納税のシミュレーションをしてみる

【3】ふるさと納税のはじめかた

ふるさと納税は「Yahoo!ショッピング」でお買い物するだけです。

こんな商品が、実質タダで貰えます。

うなぎやぶどうは、マジでオススメなので、ぜひふるさと納税活用してみてください。

⇨ふるさと納税のシミュレーションをしてみる

⇨「5つのお金の知恵」のホームはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました