【運用してみた】iDeCoに投資をした結果と今後の戦略を徹底解説

記事一覧

今回は「iDeCoに投資をした結果と今後の戦略を徹底解説」というテーマでお伝えしていきます。

実際にiDeCoをはじめたら、どんな結果になるの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • iDeCoをつみたてした結果がわかる
  • iDeCoで運用すべき銘柄がわかる
  • iDeCoの今後の戦略がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

楽天証券

【1】iDeCoとは?

  • 節税効果たっぷりのつみたて投資
  • 60歳以降に受け取れるので年金の一つでもある

iDeCoとは、自分で投資先を選んで、60歳になるまで毎月コツコツとつみたてする投資型年金のことです。

引用:https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

毎月コツコツとつみたてをしながら、世界中の企業に投資ができるので、比較的安全な投資の一つです。

60歳になるまで引き出すことができませんが、節税効果がものすごく高いので愛用者が多くいます。

iDeCoは、投資のなかでも1番オトクな制度なので、活用することで大きなメリットが得られます。

【2】iDeCoを運用してみた結果

  • +43,559円の利益
  • 日本にも投資をしていたので利益は少なめ

iDeCoは1年6ヶ月運用しましたので、その結果はこちらです。

  • 投資額:638,225円
  • 累計額:681,784円
  • 損益額:+43,559円

国内の株式にも投資をしていたので利益は少なめですが、現時点ではプラスの結果でした。

やったことは、銘柄を選ぶことと、毎月いくら積み立てるかを決めただけで、あとは放置です。

【3】投資中の銘柄はこちら

  • 日本、先進国、アメリカ、世界中投資をしてきた

実際に今までぼくが投資をしてきた銘柄はこちらです。

  • 日本の上場企業
  • 先進国の上場企業
  • アメリカの上場企業
  • 世界中の上場企業

これらに投資をして、それぞれの運用結果は画像のとおりになりました。

【4】今後の戦略

  • 今後は全世界株式のみに変更
  • わけあって掛け金も23,000円に変更

日本に投資をするのは失敗な気がするので、銘柄は「全世界株式」のみに絞ります。

60歳まで引き出せないのが嫌で、掛け金は現状10,000円ですが、ここを23,000円の満額に増やします。

iDeCoは、一回投資をすれば60歳まで引き出せないので、「つみたてNISA」を満額やってからにしましょう。

【5】iDeCoのはじめかた

  • 楽天証券なら無料で開設できる
  • 楽天証券はiDeCoに投資ができる数少ない証券会社

iDeCoは「楽天証券」で始めることができます。

  • 楽天証券」で無料口座開設
  • 本人確認書類の提出
  • iDeCo加入の申請
  • 掛け金・運用商品の選定
  • iDeCoの運用開始

という流れで、iDeCoは始めることができます。

申請からiDeCoを始めるまでに1ヶ月はかかるので、申込みは今すぐやっておきましょう。

⇨「楽天証券」公式ページはこちら

⇨「5つのお金の知恵」のホームはこちら

楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました