【仮想通貨はもう遅い!?】ビットコインが投資対象として優秀な理由を徹底解説

記事一覧

今回は「【仮想通貨はもう遅い!?】ビットコインが投資対象として優秀な理由を徹底解説」についてお伝えしていきます。

仮想通貨ってかなり値段が高いしこれから始めても高値掴みしそう

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • なぜ投資対象として優秀なのかわかる
  • 今から始めても遅くない理由がわかる
  • 高値掴みにならない理由がわかる
  • 損しにくい投資方法がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】仮想通貨はもう遅い??

今って、1BTCの価格はかなり高く、500万円を超えています。

「今から始めても高値掴みして損しそう」とか、「もう今成熟しきってるから、これから始めても遅い」と思っている方が多いと思います。

しかし、仮想通貨はまだまだ伸びていく産業であり、投資対象として非常に優秀なのです。

【2】伸びていく理由

優秀な理由の一つとして、仮想通貨が今後伸びていくであろう理由を解説していきます。

(1)ストックフロー分析

なぜ仮想通貨が伸びるかと言うと、まずはこちらのチャートをご覧ください。

これはストックフローモデルというもので、需要と供給からチャート予想をする分析方法です。

これをビットコインであてはめたところ、2026年頃には、1億円に達すると予想されています。

(2)NFTの発展による需要拡大

また、もうひとつの理由が、今後NFTの需要が拡大していくことで、ビットコインの価格も上がっていくと予想されています。

NFTをカンタンに言うと、ネット上の完全オリジナル作品です。

コピーのできない、唯一無二の作品、これらをNFTと言います。

例えば、ミュウツーのキラキラカードがあるとします。

現物であればコピーできたり、増やすことも可能でしょうが、NFT技術を活用すると、「世界に100枚しかないミュウツーのキラキラカード」が誕生します。

未来永劫100枚しかないので、その価値は高まっていきますよね。

これがNFTです。

NFT作品を買うには「ETH(イーサリアム)」が必要です。

となればNFT技術が発展していくということは、仮想通貨も同時に発展していくので、まだまだ伸びていくだろうと予想できます。

(3)法定通貨にする国が増えている

あとは、ビットコインを法定通貨として認める国が多数でてきていることです。

すごいことですよねこれ。

要は、ドルとか円とかと同じ扱いになっているということです。

今はまだ、法定通貨として扱う国は少ないですが、数年の間にこの波に乗る国は、多数出てくるでしょう。

そうなれば仮想通貨の価格も同時に上がっていくことは、カンタンに予想できます。

【3】投資対象として優秀な理由

投資対象として優秀な理由は、利息がもらえることです。

普通、投資って差分収益しかありません。

1株1万円のものが、1株2万円になったら、1万円の利益というのが差分収益です。

それが仮想通貨の世界だと、その差分収益+利息収益ももらえるので、投資対象として優秀な理由です。

【4】どうやって利息が発生するのか

差分収益はわかると思います。

でも、利息はどうやって発生するのか気になると思います。

仮想通貨で利息を発生させるには、「レンディング」という仕組みを活用します。

「レンディング」とは、簡単に言うと、銀行にお金を預ける普通預金です。

普通預金をしておけば、0.002%くらいの金利が貰えるのですが、それと同じ感覚です。

仮想通貨を「レンディング(貸し出す)」することで、5%とか金利がつくので、差分収益+利息のダブルでオトクな投資となります。

ダブルで利益が発生するので、仮想通貨は投資対象としてかなり優秀であることがわかります。

【5】損しにくい投資方法

理屈として優秀な投資対象であることは理解できたと思います。

でも、高値掴みしたりとか、差分収益で大きく損してしまっては意味ないですよね。

そこで、差分収益で損しにくい投資方法をご紹介します。

それは「積立投資」です。

積立投資なら、暴落が起きても、長期で積立しておけば、暴落後の値段に合ってくるので、暴落後でも利益がちゃんとでます。

積立投資以外のスポット購入とかだと、買った値段より高くならないと利益は出ないので、積立投資であれば、損しにくいです。

【6】ローリスクかつハイリターン

また、そんな「ローリスクな積立投資」と、「ハイリターンな仮想通貨」を組み合わせることで、ローリスクハイリターンな投資が可能になります。

差分収益も多く見込むことができ、なおかつ利息も入るのですから、投資対象としてはかなり優秀ですよね。

【7】さいごに

さいごに「【仮想通貨はもう遅い!?】実は投資対象として優秀な理由を徹底解説」おさらいです。

  • 仮想通貨はまだまだ伸びていく産業であり、投資対象として非常に優秀
  • 理由①ストックフローによると2026年頃には、1億円に達すると予想されている
  • 理由②NFTが拡大していくことで、仮想通貨の価格も上がっていく
  • 理由③ビットコインを法定通貨として認める国が多数でてきている
  • これらの理由から差分収益に関してはかなり優秀と判断できる
  • 投資対象として優秀な理由はまだあり、利息がもらえること
  • 仮想通貨の世界だと、差分収益+利息収益ももらえるので非常に優秀
  • 仮想通貨で利息を発生させるには、「レンディング」という仕組みを活用する
  • 積立投資なら損しづらい
  • 仮想通貨なら差分収益+利息収益のダブルで稼げる
  • 積立投資×仮想通貨はローリスクハイリターンなため、投資対象として優秀

仮想通貨って、実はまだまだ遅くなく、今からでも全然間に合います。

今後価値が上がっていく中で、早めに始めることが1番ベストですし、利息もあるとより稼げるので、ほんとうに損しにくいです。

ただ、始めるのが怖い気持ちもわからなくもないので、そんな方は1,000円とか、超少額から始めましょう。

以下のリンクから「1タップ」でホームページへ行けるので、パパッと口座開設だけでもしておきましょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました