【ほとんど知らない】仮想通貨の投資信託が新しく設立されていることに関して解説

記事一覧

今回は「【ほとんど知らない】仮想通貨の投資信託が新しく設立されていることに関して解説」についてお伝えしていきます。

仮想通貨の投資信託なんてあるの?それってどんな投資信託?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 仮想通貨の投資信託がどんなものかわかる
  • 仮想通貨の投資信託への投資の仕方がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】仮想通貨の投資信託を知ってますか?

いま、新しく仮想通貨の投資信託が出現しているのはご存知でしょうか?

仮想通貨そのものに投資をするファンドと、ブロックチェーンを用いた会社に投資をするファンドがあります。

新しく出現したばかりなので、知っている人は少ないかもしれませんが、そのような投資信託が出てきています。

【2】どんなファンドなの?

(1)暗号資産ファンド

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • XRP
  • ポルカドット
  • ライトコイン
  • チェーンリンク
  • ビットコインキャッシュ

の7通貨に投資するファンドです。

リスクが高いので、

  • 投資経験があり
  • 金融資産3000万円以上

など、基準を満たす顧客のみを対象とし、SBIマネープラザの販売員が対面で説明した上で販売するようです。

投資単位は500万円以上、100万円単位で、1年間、中途解約ができないという内容です。

(2)ブロックチェーン株式ファンド

日本を含む、世界各国のブロックチェーン関連株式に投資を行うファンドです。

暗号資産ファンドとは違い、ビットコインやイーサリアムなどの通貨に投資するのではなく、ブロックチェーンを活用した会社に対して投資をしています。

【3】投資をするなら積立がオススメ

それぞれ投資信託なので、買うのであれば積立になりますが、「暗号資産ファンド」は敷居が高すぎるので、ポートフォリオを真似して、「Coincheck」で積立投資をするのが良いでしょう。

そうすれば、ローコストで暗号資産ファンドと同じようなことができます。

Coincheck」を開設していない方は、早めに開設して、積立投資を始めましょう。

早く始めることで、積立投資をやってない人と比べて、大きく差が開きますよ。

⇨「コインチェック」公式サイト

【4】さいごに

さいごに「【ほとんど知らない】仮想通貨の投資信託が新しく設立されていることに関して解説」おさらいです。

  • 新しく仮想通貨の投資信託が出てきている
  • 暗号資産ファンドとブロックチェーンファンド
  • 暗号資産ファンドは仮想通貨7種類に投資をするファンド
  • ブロックチェーンファンドはブロックチェーンを用いた会社に投資をするファンド
  • 暗号資産ファンドは敷居が高すぎるので「Coincheck」で同銘柄を積立が良い

仮想通貨のようなハイリスクなものには、積立投資がベストです。

スポットで購入すると、その位置から上がらないと利益がでないので、買い時の見極めは難しいです。

積立投資なら、暴落しても平均価格が下がるので、ちゃんとリターンがだせるので、そっちのほうが楽に稼げます。

まだ仮想通貨の積立を始めてない方は、ぜひこの機会に、1,000円からでもいいので、小さな一歩から踏み出してみましょう!

⇨「コインチェック」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました