【基礎知識】仮想通貨の税金についてゼロから解説

仮想通貨の始め方

今回は「【基礎知識】仮想通貨の税金についてゼロから解説」についてお伝えしていきます。

仮想通貨で稼いだときの税金ってどんな仕組みなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 仮想通貨の税金の仕組みがわかる
  • どんなときに税金がかかるかわかる
  • 注意すべきポイントがわかる

ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】仮想通貨の税金について

仮想通貨の税金の仕組みって、100%全部理解している人ってなかなか少ないと思います。

そこをわ、わかりやすくゼロから解説していきます。

【2】仮想通貨は「雑所得」

まず仮想通貨は「雑所得」という扱いになります。

「給与所得」とか「事業所得」「配当所得」など、他にもたくさんの所得がありますが、仮想通貨は「雑所得」です。

【3】日本の所得税は累進課税

この複数ある所得を合わせて「総所得」といい、その総所得に対して所得税がかかります。

日本の所得税は「累進課税」といい、稼げば稼ぐほど、税額が上がっていきます。

この図のように、総所得が増えれば増えるほど税金として払わなければいけないので、注意が必要です。

【4】税金が発生するケース

では、どんなパターンが税金が発生するのか解説していきます。

(1)仮想通貨を売却する

仮想通貨を売却するときに、税金が確定します。

  • (例)
    • 取引所で1BTC保有していて、その1BTCを売却した。

こんなときに、その利益が税金として確定します。

(2)仮想通貨で買い物をする

仮想通貨で買い物をしたときに税金が確定します。

  • (例)
    • NFTを買うために、マーケットで1ETH使って決済した。

こんなときに税金として確定します。

(3)仮想通貨を利益確定する

仮想通貨を保有していて、含み益になっているときに利益確定すると、税金が確定します。

  • (例)
    • 1BTC保有していて、100万円の含み益があり、それを利益確定させた。

こんなときに、その100万円が税金として発生します。

(4)仮想通貨の利息を償還する

ステーキングやセービングで得た利息を償還したときに、税金が確定します。

  • (例)
    • BINANCEのセービング報酬で1BTCを償還した。

仮想通貨を運用していて、利息報酬を得たときに税金として確定します。

(5)仮想通貨を他の通貨に変える

仮想通貨を別の通貨に変えると、税金として確定します。

  • (例)
    • BTCでETHを購入した。

このように、仮想通貨で他の通貨を購入すると、税金として確定します。

【5】含み益は税金がかからない

ちなみに含み益中は、仮の利益なので税金はかかりません。

含み益というのは、例えば、1BTC=100万円のときに、1BTC購入していたとします。

その後600万まであがり、500万の利益が出ています。

この確定させていない500万が含み益です。

この500万は、あくまで仮の利益で、本物ではないので、税金がかかりません。

これを確定させたときに税金も確定します。

【6】税の申告は必ずすべき

税金の申告は必ずすべきです。

借金とかは、自己破産したり、海外に逃亡したり、何かしら逃げ道はあるらしいのですが、税金は、死んでも請求されると言います。

また、仮想通貨の税制度自体、できてまだ間もないので、知らなかったり、申告しない人が多くいます。

そのため、税務署もそういったところは、おそらく注視しているので、仮想通貨取引をする方は、ちゃんと申告しましょう。

【7】めんどくさい方は「ビットコイン積立」がオススメ

でも、いつ利益確定して、いつどのくらい利益が出たかってなかなか覚えてないじゃないですか。

それを申告するってなるのは正直面倒です。

なので、そんな方は「ビットコイン積立」をしましょう。

「ビットコイン積立」なら、毎月積み立てていくだけなので、利益確定しなければ含み益なだけです。

また、積立投資という性質上、損する可能性も少ないので、なおさらオススメです。

スポット購入だと負けやすいですし、チャートに張り付いても負けるので、あまりオススメはしません。

【8】さいごに

さいごに「【基礎知識】仮想通貨の税金についてゼロから解説」おさらいです。

  • 仮想通貨は「雑所得」に分類される
  • 日本の所得税は累進課税制度
  • 稼ぎが少なければ、税金は少ない
  • 稼ぎが多すぎると、税金は多い
  • 使ったり利益確定すると税金がかかる
  • 含み益の状態はとくに税金はかからない
  • 税金は死んでも逃げられない
  • だからちゃんと申告しましょう
  • 申告がめんどくさいなら「ビットコイン積立」にしましょう
  • 「ビットコイン積立」なら利益確定しなければ税金はかからない
  • 積立投資は長期運用すれば負けにくい
  • スポット購入は負けるからやめときましょう

仮想通貨取引をするなら、しっかり税金の申告をしましょう。

それがめんどくさければ、「ビットコイン積立」をしましょう。

テクニック不要で、ローリスクで運用できるので、万人にオススメです。

以下のリンクから、5分もあればできるので、無料で口座開設だけでもしておきましょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました