ポイント経済圏の比較│1番ポイントが貯まるオススメ経済圏を徹底紹介

記事一覧

今回は「ポイント経済圏の比較│1番ポイントが貯まるオススメ経済圏を徹底紹介」というテーマでお伝えしていきます。

1番ポイントが貯まる経済圏はどこ?

PayPayと楽天どちらが貯まるの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • どこが1番ポイントが貯まるかわかる
  • ポイントが貯まる仕組みがわかる
  • どの経済圏でまとめればいいかわかる

ぜひ最後までご覧ください。



【1】ポイント経済圏とは?

  • あらゆるサービスをまとめること
  • まとめて効率的にポイントを貯めること

ポイント経済圏というのは、スマホ契約・ネットショッピング・ネット銀行など、日頃活用するサービスを1つにまとめることを言います。

1つにまとめることによって、効率的に多くのポイントをもらうことができるので、かなりオトクになります。

ネットショッピングで行われるキャンペーンも活用すれば、年間で100,000ポイント貰えることもあります。

ポイント経済圏を利用して、たくさんのポイントを貯めて、日頃の出費を楽にしましょう。

【2】ポイント経済圏の比較

ポイント経済圏は「PayPay経済圏」「楽天経済圏」「au経済圏」「ドコモ経済圏」などがあります。

それぞれいろんなパターンでどのくらい貯まるのか見ていきましょう。

(1)街中でポイントを貯める場合

  • 街中は「楽天」が1番ポイントが貯まる

街中でバーコード決済をつかったり、クレジットカードを使ったりしてポイントを貯める場合を解説します。

PayPay楽天auドコモ
クレジットカード1%1%1%1%
バーコード決済0.5〜1.5%1%0.5%0.5%
ポイント提示楽天ポイントポンタポイントdポイント
クレジットとバーコード決済の併用△※
最大ポイント率1.5%2%1.5%1.5%
※併用はできるが貯まるポイントはPayPayの分のみ

街中での利用の場合は、「楽天ペイ+楽天カード」が1番ポイントが貯まるという結果になりました。

(2)ショッピングサイトを使う場合

  • ショッピングサイトは「PayPay」が1番ポイントが貯まる

つづいては、各経済圏のショッピングサイトでポイントを貯める場合を比較していきます。

PayPay楽天auドコモ
クレジットカード1%2%1.5%1%
スマホ契約8% ※12.5% ※2
Wi-Fi契約1%
オトクな日5のつく日 4%5と0のつく日 2%3,13,23日 3%10,20日 最大20%
オトクな日土曜日 6%
オトクな日日曜日 5%
イベント夏のPayPay祭り 最大30.5%お買い物マラソン 最大10%
イベント楽天スーパーセール 最大10%
その他アカウント連携 2%楽天市場アプリ 0.5%ふるさと納税1%
その他提携サービス 0.5%〜1%電子書籍1%
その他提携サービス1%
10段階評価10点7点3点3点
※1Ymobileで「Enjoyパック500円(税抜)」の加入が必要ですが、同時に500円分のキャッシュバックもされます。※2楽天モバイル契約で1%。ダイヤモンド会員は1%。楽天モバイルキャリア決済利用で0.5%

比較的カンタンにためやすいのは「PayPay」で、「楽天」はいろんなサービスを利用すればポイントが上がるという印象です。

「楽天」のように、ポイントのために何かしら契約するのでは本末転倒なので、1番カンタンな「PayPay」が良いです。

【3】「PayPay VS 楽天」どっちがいい?

  • 「PayPay」がオススメ
  • 「PayPay」の方がカンタンに貯まる

「PayPayと楽天どっちがいいの?」という論争はありますが、今はPayPayの方が還元率が高いです。

それに、楽天はいろいろ契約しないとポイントが上がりませんが、PayPayは契約するものは少ないのにたくさんポイントが貯まります。

契約するのも正直めんどうですし、できればカンタンにポイントが貯まったほうが、消費者としては嬉しいです。

なので、「カンタン+高還元」である「PayPay」が圧倒的にオススメです。

【4】ポイント経済圏のはじめかた

「PayPay経済圏」のはじめかたはこちら。

  • 準備編
  • 実践編
    • 5のつく日+土日」にYahoo!ショッピング(PayPayモール)でお買い物をする
    • PayPay」が使えるところではバーコード決済を使う

街中で「PayPay」を使えば最大1.5%ポイントが貯まるようになり、「Yahoo!ショッピング」を使えば20%超えのポイントが付きます。

楽天経済圏を超えるポイント還元率なので、PayPay経済圏を攻略し、大量のポイントを獲得しましょう。

⇨「5つのお金の知恵」のホームはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました