【人生変わる言葉の心理学】営業でも接客でもコピーライティングでも使える最強のテクニック6選

記事一覧

■はじめに

言葉を使う仕事「営業」「接客業」「コピーライティング」どんな場面でも使えるテクニックを6つ紹介していきます。これは言葉の心理学の原点とも言えるもので、知って活用することで、あなたの人生は大きく変わるでしょう。覚えるだけではなく、ぜひ、自分のコミュニケーションに取り入れて活用してみてください。

返報性

返報性のルール

「他人がこちらに何らかの恩恵を施したら、似たような形でそのお返しをしなくてはならない」

よって、相手にイエスといわせたいなら、最初にこちらから相手に、恩を売る/ 親切にする/ 贈り物をすること。

コミットメントと一貫性

人は一度何らかの決定を下したり、ある立場を取ったりすると、そのコミットメント(宣言、公言したこと) と一貫した行動を取るように、個人的にも対人的にも圧力がかかる。

承諾誘導のテクニック

  1. 小さなことに Yes と言わせる
  2. 何か自分で行動をさせる
  3. 公衆にも知らせる

というステップを踏むことで、次の少し大きな要求にもYesというよう誘導する、というテクニック。

社会的証明

人は、他人と同じように考え、行動する性質がある。

(例)

  • 全米売上げNo.1
  • 10週連続売上げトップ
  • 当店人気No.1

このようにアピールすることで、そんなに売れているのか、どれ、買ってみるか、とさらに売上げアップする。

効果的な場面

【不確かさ】

人は、自分が確信をもてないとき、あるいは状況が曖昧なとき、他の人びとの行動に注意を向け、それを正しいものとして受け入れようとする。状況が曖昧なとき、私たちは、「他の人と同じように行動する」のです。

【類似性】

人は自分と似た他者のリードに従う傾向がある。

好意

人は、自分と似た人に好意を感じる。自分と似た人に何か頼まれると、イエスと答えることが多い。

(例)

誕生日が同じ人だと好意を感じる

出身地や出身学校が同じだと好意を感じる

好意を感じてしまうと、赤の他人でも親近感が湧き、より断りづらくなってしまいます。

権威

権威ある専門家の言うことには、従ってしまうのです。専門家がいうのだから、正しいのだろう、と思ってしまうのです。

(例)

身体がひどい状態であっても、医者が「特に問題ありません」と言えば信じてしまう。

twitterのフォロワー数が多い人が言う発言は正しい。

希少性

人間は、「手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる」「ある品物の数が少ないか、少なくなりつつあると、欲しくなる」ものであると。これが希少性の原理。

スポンサーリンク

■さいごに

このように、人がYesと言ってしまうのには、これらの心理が働いているからである。この6つのテクニックを活用することで、あなたの言葉の力は飛躍的に上がり、自然と承諾へと誘導できるでしょう。

ただ、人は言葉だけでなく、非言語コミュニケーションと言って、表情や音なども利用して話を聞きます。いくらこれらがうまく活用できても、表情がなかったり、終始同じトーン、同じペースで話されては、話が入ってこないでしょう。

なので、言葉を使って仕事をしている方は、この6つのテクニックと同時に、非言語コミュニケーションを覚えることをおすすめします。

この6つのテクニックと、非言語コミュニケーションを覚えることで、あなたの言葉はより多くの人に伝わることでしょう。

ぜひご活用ください。

■より多くの知識を得たい方

年間300冊以上読む私がおすすめする書籍を、ジャンル毎にTOP5を掲載しております。キンドルアンリミテッドで読める本を掲載しておりますので、そちらから知識を広めてみてください。

■今回の参考書籍

キンドルアンリミテッドで読むことができます。この本は言葉を使っている人であれぱ必ず読むべき本です。是非一度読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました