【すぐできる】お金をあるだけ使ってしまう人がやるべき3つのルール

節約術

今回は「お金をあるだけ使ってしまう人がやるべき3つのルール」についてお伝えしていきます。

お金をあるだけ使っちゃうから貯金がまったくできなくて不安だ!

こんな悩みを持っている方に最適な内容となっています。

今回の内容を実践することで、今日からお金がみるみる貯まっていくようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

LINE証券

【1】お金をあるだけ使ってしまう人がやるべき3つのルール

お金をどんどん使ってしまう人は、次の3つのルールを徹底しましょう。

(1)収支を把握する

まずは何にお金を使っているのか把握しましょう。

お金をどんどん使ってしまう人は、何にお金を使っているのかわかっていない状態の方がほとんどです。

まずは一か月の収支を見直しましょう。

(2)固定費と変動費を把握する

収支の見直しができたら、今度は固定費と変動費を把握しましょう。

固定費の部分は、スマホ代や車の保険、家賃などがあると思いますが、この辺りを節約しましょう。

変動費は、趣味や食事など、日頃の行いで節約できるものがほとんどです。

見直してみた結果、減らせるものがあれば減らしましょう。

(3)自動引落で貯金する

それでも使ってしまう人は、自動引き落としで、貯金や資産運用することをおすすめします。

自動引き落とししてしまえば、使えるお金はなくなり、ただ貯蓄は増えていくので、強制的に使えるお金を無くすのも有効です。

資産運用すれば、ただ貯金するだけではなく、自然とお金が増えていくので、「 LINE 証券」などで投資信託することをおすすめします。

LINE証券

【2】お金が貯まる人の特徴4選

お金が貯まらない人は、お金が貯まる人の真似をすることで、お金が貯まるようになります。

お金が貯まる人は、次の4つの特徴を持っています。

(1)無駄なものにお金を払わない

無駄なものには一切お金を払わないのが、まず一つ目の特徴です。

お金の貯まる人ほど、お金を散財することはなく、支出を見極めている人が多いです。

一円たりとも無駄なお金をださないので、これが大きな特徴です。

(2)収支の把握ができている

収支の把握も、完璧にできている人が多いです。

お金が貯まる人は、自分の収支をコントロールできているため、うまく毎月同じ金額がたまっていきます。

収支の把握ができているのが、二つ目の特徴です。

(3)節約思考を持っている

三つ目は、節約志向を持っていることです。

お金を大きく稼げる人ほどこの傾向が強く、徹底的に細かいところまで節約しています。

1万円稼ぐより、1万円節約することの方が圧倒的に簡単なので、節約志向を持ちましょう。

(4)資産運用している

投資などで資産運用しているのも大きな特徴です。

節約して貯めたお金や、稼いで貯めたお金を、資産運用によって効率的に増やしているので、どんどんお金が貯まっていきます。

お金が貯まる人は、投資をしているのが特徴です。

LINE証券

【3】さいごに

さいごに「お金をあるだけ使ってしまう人がやるべき3つのルール」おさらいです。

  • お金をあるだけ使ってしまう人がやるべき3つのルール
    1. 収支を把握する
    2. 固定費と変動費を把握する
    3. 自動引落で貯金する
  • お金が貯まる人の特徴4選
    1. 無駄なものにお金を払わない
    2. 収支の把握ができている
    3. 節約思考を持っている
    4. 資産運用している

お金を使ってしまう人は、3つのルールを守り、お金が貯まる人のマネから始めましょう。

投資の王道である「投資信託」をはじめることで、失敗することも少なく、コツコツ資産形成できます。

やってない方は無料で口座開設だけでもして、すぐ投資ができる準備をしておきましょう。

「LINE証券」公式サイト

LINE証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました