【必見】好きなところだけ読む!読書を習慣化する為の4つのコツ

▼サイトマップ

【必見】好きなところだけ読む!読書を習慣化する為の4つのコツ

■はじめに

▪読書を習慣化できない人はこんな人です。

読書を続けられない人には特徴があります。

  • 最初から最後までの全文読もうとする人に
  • 上手な本の読み方を知らない人
  • 時間の使い方が上手くない人

これらに当てはまる方は、このまま読み進めていくと、必要なスキルを得ることができるでしょう。

■結論

なかなか読書を習慣化できない人は、以下を意識して、毎日1ページでもいいので読んでいきましょう。

  • 自分が興味のあるおもしろそうな分野から読む
  • はじめに、おわりに、目次をまずは読む
  • 目次で気になったところから読む
  • 気になるところがなくなったらスキミングで太字やマーカーだけを読む

それでは解説に移ります。

スポンサーリンク

【コツ1】自分が興味のあるおもしろそうな分野から

読書は楽しまなければ意味がありません。自分のペースで楽しく読むことが最も大事な要素です。

  • つまらなかったら途中で読むのを辞めてもいい
  • クオリティの低い本は読まなくていい

おもしろそうな本を選び、おもしろそうな箇所を読み、もっと読みたいと思えば、しっかり読み進めていけばいいのです。

楽しい読書を心掛けましょう。

【コツ2】はじめに、おわりに、目次をまずは読む

本を書く人は、本を読み進めてもらうために「はじめに」「おわりに」「目次」に力を入れます。

特に「はじめに」「目次」に「自分が知りたい情報が載ってるかどうか」がわからなければ、その本を読まない人が多いのです。

人はだれしもめんどくさがりです。パッと見て自分がほしい情報かわからなければ、この本は違うと判断するのです。

まずは、「はじめに」「おわりに」「目次」を読むようにしましょう。

スポンサーリンク

【コツ3】目次で気になったところから読む

最初に目次を読むことで、本の概要を知り、大事なところをはっきりさせることができます。どこをしっかり読めばいいかをあらかじめ把握することで、読書スピードは確実に上がり、理解も深まります。

目次は中身の要約です。

目次で気になった部分が、その本で得たい部分になります。目次に気になるところがなければ、あなたが得たい情報は少ないでしょう。

目次を確認して気になる部分を読んでいきましょう。

【コツ4】気になる所がなくなったら太字やマーカーだけを読む

太字やマーカーなどを読んで1ページを3秒くらいでめくっていきましょう。

このスキルを「スキミング(拾い読み)」と言います。

  1. 本をペラペラめくりながら
  2. 太線やマーカーを読み
  3. 気になるワードや文章があれば、その周辺をしっかり読む

このステップで読んでいくことで、必要な部分だけ読むことができ、なおかつ速いスピードで読むことができます。

小説以外は、スキミングを使って読んでいきましょう。

■まとめ

本を習慣化するには以下を守りましょう。

  • 自分が興味のあるおもしろそうな分野から読む
  • はじめに、おわりに、目次をまずは読む
  • 目次で気になったところから読む
  • 気になるところがなくなったらスキミングで太字やマーカーだけを読む

これらの技術を使って、1冊をじっくり読むより、ささっと何冊も読んでしまいましょう。

■より多くの知識を得たい方

今まで読んできた習慣化の本の中から、実際ためになった良書を厳選しました。おすすめ順で並べていますので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました