【サブスク節約術】サブスク代が高い方にオススメな節約方法3選

節約術

みなさんこんにちは!

きよまるライフハック図書館へようこそ!

今回はサブスク代が高い方にオススメな節約方法3選というテーマでお伝えしていきます。

こんな方にオススメ
  • 様々なサブスクに課金している方
  • 同じようなサブスクを2個も3個も契約している方
  • サブスクにハマっている方

これらに当てはまる方は損している可能性があるので、最後まで見ていただければ参考になるでしょう。

▼発信内容

この内容は、Kindle UnlimitedAmazon Audibleを活用した読書によって得た知識と実体験を元に展開していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【1】サブスクの節約方法3選

サブスクの節約方法でオススメなのは次の3種類になります。

  • 各ジャンルひとつに絞る
  • 優先順位をつける
  • 金額に上限を設ける

それでは詳しく解説していきます。

(1)各ジャンルひとつに絞る

同じようなサービスを2個も3個も契約しているのであれば、それをひとつに絞りましょう。

動画なら「Netflix」「U-NEXT」「Prime Video」など色々ありますが、この中の1つだけにします。

一番いいなと思うサービスを1つだけ厳選し、見たいのがあるかもしれませんが、他のサービスは思い切って切り捨ててしまいましょう。

(2)優先順位をつける

ひとつに絞るのが難しいのであれば、契約しているサブスク全部に優先順位をつけ、トップ5以外はすべて解約するのも良いです。

例えば先程の動画の例でいくと

「Prime Videoで見れないものがNetflixにあるけど、アマゾンプライムは欠かせない」

ということがあると思います。

この場合、優先順位をつけてこれらが上位に来るのであれば、残してもらってOKです。

優先順位の利点は、ひとつに絞るのが難しいという悩みも解決しつつ、節約することも可能です。

サブスクに優先順位をつけて、順位の低いものは解約しましょう。

(3)金額に上限を設ける

「サブスク代は毎月5000円まで」というように、金額の上限をつけるのも良い節約になります。

上限を付けることによって、お金の管理も上手になりますし、今どんなサービスを契約しているかもわかりやすくなります。

また、新たに契約したいサービスが出てきたとしても、「上限に収めないといけない」という気持ちが働き、不要なサービスを契約しなかったり、今のサービスを解約するなど、断捨離上手にもなります。

サブスク代に上限を設けて、上手な節約を目指しましょう。

【2】まとめ

さいごにまとめです。

  1. 各ジャンルひとつに絞る
    • 同じジャンルで複数契約しない
    • 一番いいサービスひとつに絞る
  2. 優先順位をつける
    • 契約しているサブスク全部に優先順位をつける
    • トップ5以外は全て解約する
  3. 金額に上限を設ける
    • 毎月のサブスク代に上限金額を設ける
    • 新たなサービスは、今のサービスを解約して上限に収める

以上がサブスクの節約方法3選でした。

「めんどくさい」「また今度やろう」「お金に困ってないし」など、やらない理由を考えるのは今からやめましょう。

今回の記事で、あなたにとって1番簡単なもの、もしくは1番有益だったものはどれでしたか?

それを今から行動しましょう!

▼無料でプレゼント

「読書の知識を1冊にまとめたnote」を無料で読むことができます!

きよまるライフハック図書館です!

  • 「本を読みたいけどめんどくさい」
  • 「どれを読んでいいかわからない」
  • 「手っ取り早く知識を身に着けたい」

そんなあなたのために!

「読書の知識を1冊にまとめたnote」をテーマにした無料で読めるnoteを書いています。

基礎的なこと〜中級者向けの教科書なので、すでに本を読む習慣がある方や、知識がある方は、得られるものは少ないかもしれません。

大した知識が得られなかった場合、24時間以内であれば返金可能なので、気軽にキャンセルしてください。

このnoteを読んでもらえば

  • 「複数の本を読むことなく、たった1冊で読みたいジャンルを理解することができる」
  • 「更新され続けるので、わざわざ新しい本を買って情報を仕入れる必要がない」
  • 「たった1冊にまとまっているので、最強の時間効率になる」

こんな未来が待っています。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」の内容は、以下の内容となっています。

などなど、、、

新しく仕入れた知識も追記して、どんどん更新していきます。

繰り返しですが、すべて購入後24時間以内は無料で読めます。

気に入ったらそのままご購入頂けるとモチベーションに繋がりますし、今後更新される情報も得ることができます。

もしお金を払いたくなければ、コピペしてキャンセルもOKです。(転載は著作権違反になるので注意してください!)

数十冊分の本を1冊で読むことができるので、正直かなりオトクです。

すべて目次までは誰でも見れるようになっていますので、ぜひ目次だけでも確認してみてくださいね。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました