【これをやれば誰でも上手くいく】習慣化する為のステップを完全解説!

記事一覧

【これをやれば誰でも上手くいく】習慣化する為のステップを完全解説!

■はじめに

過去の記事で、習慣化のテクニックやコツを複数紹介してきました。

しかし、テクニックを知ることができても、それを実際に使ってみないことには、どんなことも継続はできません。

結局どのテクニックを使えば上手くいくのかよくわからない!

上手な活用の仕方を知りたい!

今回は、こんなお悩みを解決していきたいと思います。

■結論

以下のステップから始めることで、習慣化の確率が上がるでしょう。

  1. 習慣化したい事を決める
  2. 習慣化したい事を小さなステップにする
  3. 時間を捻出する
  4. イフゼンプランニングでルール設定
  5. 結果を求めず繰り返す

この順番で行動を繰り返すことで、いつの間にか習慣化できている状態を作り出すことが出来ます。

では、解説に移ります。

ステップ1:習慣化したい事を決める

まずは習慣化したい事を決めましょう。そして大事なことはこちら。

■このステップで重要な事

習慣化したいことは1〜2個に絞る

習慣化する上で大事なことは、最初は極端に難易度を低くすることが重要です。いきなり3個も4個もやることを増やしてしまうと大変になるため、「めんどくさい」とか「つらい」というネガティブな感情がすぐ出てきます。

その感情を出させない為に、まずは1つ2つに集中することで習慣化しやすくなります。

ステップ2:習慣化したい事を小さなステップにする

ステップ1で決めた習慣化したいことを、極端なまでにハードルを下げ、小さなファーストステップとします。

例えば

  • 筋トレを習慣化したい→毎日腕立て伏せ1回
  • ランニングを習慣化したい→毎日外に出て10歩走る

このようにハードルを極端に下げ、誰でも当たり前に出来るくらい簡単なノルマを設定することで、習慣化が簡単になります。

ポイントは「めんどくさい」「つらい」というネガティブな感情が出なくなるまで、徹底的にハードルを下げること。

ステップ3:時間を捻出する

①今の習慣を捨てる

現状に追加で習慣化をすると億劫になるのでおすすめできません。今ある習慣を捨てて、時間を捻出しましょう。

  • スマホの利用時間を減らす。
  • テレビを見る時間を減らす。
  • ゲームをする時間を減らす。

これらは、あなたの時間を無限に奪います。

  • SNSは1日に1回見れば全投稿見れるのに、何度も何度も開いてませんか?
  • 調べることもないのにネットサーフィンしていませんか?
  • テレビをたれ流しにして、見たいと思っていない番組を見ていませんか?
  • ゲームで1日潰してしまう日はありませんか?

これらの問に当てはまるのであれば、ここを改善していきましょう。

②ながら作業

テレビを見ながら筋トレするなど、効率よく時間を使うことで、更に時間を確保することが可能です。

  • テレビを見ながらスクワット。
  • 好きなYouTubeを聞きながらランニング
  • ゲームをするときは空気椅子

ながら作業で同時にできるものは、どんどん同時作業して、効率よく時間を確保していきましょう

ステップ4:イフゼンプランニングでルール設定

イフゼンプランニングとは、「もし〇〇をしたら〇〇する」というルール設定のことを言います。

1980年代に社会心理学の世界で生まれたテクニックで、「実行意図」と呼ばれる心理現象をベースにしていて、習慣化において最も効果が高いと言われている技術になります。メンタリストDaiGoさんのYouTubeでも解説しています。

例えば、私の使い方だと

  1. 朝起きたら、スマホを開く
  2. スマホを触ったら、ストレッチする
  3. ストレッチしたら、筋トレする
  4. 筋トレしたら、ブログを書く
  5. ブログを書いたら、Twitterを書く
  6. Twitterを書いたら、自由時間

このようにトリガーとなる行動を決めて、Aを行ったらBをするというルールを作ることで、習慣化がしやすくなります。

ステップ5:結果を求めず繰り返す

さて、最後はこれらを踏まえて早速実践していきましょう。

実践していく上でのポイントはこちらです。

結果を求めず定着を重視する

これらを実践していくと、簡単に習慣化できることを体験できると思います。しかし人は欲深いため、すぐ結果を求めようとしてハードルを上げたりしがちです。

ハードルを上げると途端に「めんどくさい」「つらい」という気持ちが浮き出てきて、習慣化に失敗します。

結果を求めたくなる気持ちはわかりますが、そこはグッとこらえ、結果よりも定着を重視しましょう。

そうすればおのずと結果はついてきます。

■まとめ

以上が習慣化をする為のステップでした。

まとめるとこのようになります。

  1. 習慣化したい事を決める
    • まずは1〜2個から習慣化
  2. 習慣化したい事を小さなステップにする
    • 極端にハードルを下げる
  3. 時間を捻出する
    • スマホ、テレビ、ゲームの時間を減らし、ながら作業で効率化
  4. イフゼンプランニングでルール設定
    • トリガーを決めて行動する
  5. 結果を求めず繰り返す
    • まずは定着させる

この順番でこなすことで、多くの人が習慣化をものにできるでしょう。

ぜひ活用してみてください。

■より多くの知識を得たい方

今まで読んできた習慣化の本の中から、実際ためになった良書を厳選しました。

おすすめ順で並べていますので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました