【誰でも勝てる】投資初心者にオススメな積立投資法7選

記事一覧

今回は「投資初心者にオススメな積立投資法7選」についてお伝えしていきます。

投資ってたくさんあるけど、どれを始めたら勝てるのかわからない

こんな悩みを持っている方に最適な内容となっています。

今回の内容を実践することで、知識があまりなくても投資を始めることができ、手堅く利益を得られるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】投資初心者にオススメな積立投資法7選

今回はこんなテーマでツイートしてみました。

この7つであれば、だいたいどれをやっても利益が出るのでオススメです。

それでは、詳しく深彫していきます。

(1)REIT投資

世界中の不動産に、少額から分散投資ができる投資法です。

REIT投資なら、マンションやアミューズメント施設、大型商業施設など、世界中のありとあらゆる不動産に、少額から分散投資ができます。

不動産投資は、戸建てを買ったりマンションを買ったりするイメージですが、それとは全く違い、ローリスクで不動産投資ができます。

不動産投資に挑戦したい方は、REIT投資をオススメします。

(2)一般NISA

年間120万✕5年間投資ができて、利益は全部非課税な制度です。

最大で年間120万✕5年間投資ができます。

この枠内で得た利益に関しては、すべて非課税のため、非常に優秀な投資法です。

本来投資をすると、20%ほど税金として取られますが、NISA を活用すれば20%は取られなくて済みます。

これから投資を始める方は NISA を十分に活用しましょう。

(3)ジュニアNISA

18歳以下限定で、年間80万✕2024年末まで投資ができて、利益は全部非課税な制度です。

18歳以下の子供専用 NISA です。

ジュニア NISA は2024年に廃止となってしまいますが、積立はできなくてもそのまま運用していくことができるので、お子さんがいる方は、今のうちに始めておくのがおすすめです。

年間80万✕2024年末まで投資ができて、これもNISAなので、得た利益はすべて非課税です。

お子さんがいる家庭は、学資保険などではなく、ジュニアNISAをやっておきましょう。

(4)つみたてNISA

年間40万✕20年間投資ができて、利益は全部非課税な制度です。

つみたて NISA は、最大で年間40万円✕20年間投資ができます。

これもNISAなので、この枠内で得られた利益はすべて非課税です。

NISA の銘柄は優秀な銘柄が多いので、投資初心者が始めても、誰でも勝てるような設計になっています。

これから投資を始める方は NISA を活用しましょう。

(5)インデックス投資

少額から投資ができて、ローコストで運用ができる積立投資です。

NISA を活用した後は、投資信託のインデックス投資がおすすめです。

インデックス投資なら勝率が高く、ローコストで運用ができるので、長い目で見ると大きな資産を築くことができます。

NISA の枠を使い切ったら、インデックス投資をしましょう。

(6)確定拠出年金iDeCo

かけた金額は所得控除+受け取った利益は非課税という、税制優遇たっぷりの制度です。

近況や正社員など、雇用形態によって投資可能額は変わりますが、60歳になるまで積み立てし続けることができます。

iDeCoは税制優遇が非常に優れており、投資した金額は所得控除かつ、受け取った利益は非課税という、最強にオトクな投資です。

ただ、60歳を超えないと受け取れないのでそこだけ注意が必要です。

オトクに老後資金を蓄えたい方は iDeCo を始めましょう。

(7)ロボアドバイザー投資

AIが自動でポートフォリオを組んでくれるので、無知な人でもカンタンに利益を得られる積立投資です。

ロボアドバイザー投資なら、 AI が勝手にポートフォリオを組んでくれるので、無知な人でも簡単に利益をあげられます。

デメリットは手数料などのコストが高い所ですが、本当に誰がやっても稼げるので、投資の勉強をするのが面倒くさかったり、ポートフォリオを考えるのが面倒だという方は、ロボアドバイザーおすすめです。

初株キャンペーン

【2】さいごに

さいごに「投資初心者にオススメな積立投資法7選」おさらいです。

  • (1)REIT投資
  • (2)一般NISA
  • (3)ジュニアNISA
  • (4)つみたてNISA
  • (5)インデックス投資
  • (6)確定拠出年金iDeCo
  • (7)ロボアドバイザー投資

この7つならだいたいどれをやっても利益が出るので、自分に合った積立投資を選びましょう。

まだ証券口座を開設していない方は、以下のリンクから、5分で無料開設だけでもしておきましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました