【つらい習慣化からおさらば】習慣化を苦痛と感じてしまう人の特徴トップ5と改善方法5選

▼サイトマップ

【つらい習慣化からおさらば】習慣化を苦痛と感じてしまう人の特徴トップ5と改善方法5選

■はじめに

何かを始めるときに、最初は気持ちがノッているから楽しくできても、次第につらくなって、すぐ3日坊主になってしまう。その気持ちをなくすことができたら、どんなことも習慣化できて、人生変わると思いませんか?

今回は、そんな3日坊主を抜け出せない人へ、習慣化を苦痛と感じてしまう人の特徴と、改善の仕方をお伝えしていきます。

これを知ることで、あなたの人生は今日から大きく変わっていくことでしょう。

■結論

これらに当てはまると習慣化できない可能性が高いでしょう。

  • 目標が高い
  • 完璧主義
  • 結果を求める
  • 「すてる」ことができない
  • 先延ばしにする

これらは典型的な習慣化できない人の特徴です。

改善策も出しながら解説していきます。

特徴1:目標が高い

例えば

  • 「ランニング毎日10km走る」
  • 「毎日腕立て伏せ100回」

こんな目標たててませんか?

今までランニングやってなかった人が、いきなり10kmはかなりハードルが高く、ほぼ無理に近いでしょう。

これでは目標が高すぎるのです。

改善策

ハードルをとことん下げましょう。

  • 「ランニング毎日1km走る」
  • 「毎日腕立て伏せ10回」

このくらいを頭に浮かべた人が多いでしょう。しかし、これでも人によってはまだ高い。

  • 「ランニング毎日10m」
  • 「毎日腕立て伏せ1回」

ここまで下げましょう。

この目標をめんどくさいとか、大変と思う人はいないはずです。

毎日行うにはこの「めんどくさい」「大変」「つらい」という感情がなくなるまでハードルを下げるのが重要です。

目標が高い方はハードルをとことん下げましょう。

特徴2:完璧主義

完璧主義な人は習慣化を苦痛と感じやすい人が多いです。

例えば

  • ダイエットを成功させる為には、絶対に毎日ランニングして、ジムへ通って、食制限も完璧にしないといけない!

文章を見るだけで、苦痛を感じそうな気がしませんか?

完璧主義な人は、「最初から100点」「最初から成果が出ないと意味がない」と思っているでしょう。

だから頑張りすぎてしまいます。

改善方法

ハードルをとことん下げ、頑張らず、成果よりも習慣の定着を重視していくことが重要です。

特徴3:結果を求める

成果を求めてしまうと途端に習慣化は崩れていきます。

  • 最初から成果を求めてランニング10kmが出来なかったり
  • 習慣が定着して、これなら余裕と感じ、ハードルを上げてしまう

このようなハードルを感じる行動は、習慣化を崩してしまいます。

改善方法

常にどんなときも、いきなりハードルを設けるのではなく、1%の改善を心掛けましょう。

特徴4:「すてる」ことができない

「すてる」ことができない人は、得るものが少ないでしょう。

「すてる」ことができないというのは、言い換えれば、執着から逃れられないのと同じです。

  • ものを捨てられない
    • 「思い出」という執着にとらわれている
  • 部屋が片付けられない
    • 「動きたくない」という執着だったり、「モノがあることが安心」という執着にとらわれている
  • スマホをやめられない
    • YouTubeやTwitterなど、暇な時間をSNSに費やしてしまい、「することがなければスマホで時間を潰す」という執着にとらわれている
  • ゲームがやめられない
    • 無限の泉にとらわれている

今のあなたは、執着によって現状維持をしています。スマホを触る時間を、読書や勉強に置き換えることで、あなたの人生は必ず好転します。

  • めんどくさい
  • 別に今のままでいい
  • 明日からやる

これらが浮かんだ方は、「めんどうなことはやりたくない」という執着にとらわれています。

改善方法

  • この先どうなりたいですか?

なりたい自分像があるなら、執着を手放しましょう。

特徴5:先延ばしにする

今すぐやれることを後回しにするのは、どんどん負債を抱えていくのと同じです。先延ばしにせずすぐやるべきでしょう。

  • 今はめんどうだから1時間後にやる
  • 1時間後にやろうとしたが結局めんどくさい

このメカニズムは誰にでもあることです。なせこうなるかというと、結局判断するのは1時間後だろうと1年後だろうとどのタイミングでも「そのときのいま」なのです。

「いま」やらない人は1時間後の「いま」もやりたくないと判断します。

改善方法

どんなときも「いま」の判断が先を決めます。先延ばしにせず、やれることはやってしまいましょう。

■まとめ

以上が習慣化できない人の特徴と、その改善方法でした。まとめると

  1. 目標が高い
    1. ハードルを下げる
  2. 完璧主義
    • いきなり100点を目指さない
  3. 結果を求める
    • 1%の改善を心がける
  4. 「すてる」ことができない
    • 自分の執着を知り、なりたい自分を思い描く
  5. 先延ばしにする
    • 「いま」の判断を大事にし、やれることはすぐやる

これらをなくせるよう意識していきましょう。

■より多くの知識を得たい方

今まで読んできた習慣化の本の中から、実際ためになった良書を厳選しました。

おすすめ順で並べていますので参考にしてください。

■今回の参考書籍

[kattene]
{
“image”: “https://shop.r10s.jp/book/cabinet/4442/9784844374442.jpg”,
“title”: “【自分を変える習慣力 Business Life】”,
“description”: “【三浦将】”,
“sites”: [
{
“color”: “orange”,
“url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01EWEVXVO/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=rasa38-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01EWEVXVO&linkId=946385f42658a730bd70afa377fa228e”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true”
},
{
“color”: “blue”,
“url”: “https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01EWEVXVO/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=rasa38-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01EWEVXVO&linkId=946385f42658a730bd70afa377fa228e”,
“label”: “Kindle”
},
{
“color”: “red”,
“url”: “https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1e743ed5.7718d1d1.1e743ed6.0ded71b7/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2F7cc68683584e7fc85feee89f28dcb93e%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjEsImFtcCI6ZmFsc2V9”,
“label”: “楽天”
},
{
“color”: “green”,
“url”: “https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/1e743ed5.7718d1d1.1e743ed6.0ded71b7/?pc=https%3A%2F%2Fproduct.rakuten.co.jp%2Fproduct%2F-%2F7cc68683584e7fc85feee89f28dcb93e%2F&link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwic2l6ZSI6IjEyOHgxMjgiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJyaWdodCIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MCwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjEsImJidG4iOjEsInByb2QiOjEsImFtcCI6ZmFsc2V9”,
“label”: “楽天Kobo”
}
]
}
[/kattene]

コメント

タイトルとURLをコピーしました