【これだけは抑えておきたい】ブログ初心者が人を動かす為のコツ13選

▼サイトマップ
スポンサーリンク

はじめに

ブログ初心者が人を動かす為のコツを13選びました。

なかなかうまい記事が書けなかったり、読者に響くような文章がかけていない方、これら13のテクニックを活用することで、良記事になるでしょう。覚えておいて損はありません。ぜひ、ご自身の記事に取り入れて活用してみて下さい。

コツ1:主張の一貫性

主張に一貫性がない記事は好かれません。

いろんなジャンルの記事を書いたり、前回伝えていたこととはまた違うことを伝えるのではなく、主張に一貫性を持つことで信頼できる記事ができます。

コツ2:主張したら理由を述べる

何かを主張したら、その後すぐに理由を述べることで説得力を高めることができます。なぜ?タイプの人がいて、その人に言葉を伝えるには理由が必要です。その為に主張の後に具体的な理由を述べる必要があります。

コツ3:権威性

「著名人」や「公式データ」などの権威を借りることで、信頼度を上げることができます。友達が言ってた情報や、ネットに書いてあった情報では信頼性がありません。「アメリカの社会心理学者の〇〇さんが1万人以上を対象にした実験で」と伝えることで、信憑性が増す言葉になるでしょう。

コツ4:デメリットを伝える

大抵のものごとにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。 あえてこちらから先にそのデメリットを伝えることで、より大きな信頼を獲得することができます。また、あとに提示した内容の方が強い印象を与えるので、話す順番は「デメリット → メリット」が鉄則です。

コツ5:読み手にフォーカスを当てる

多くの読み手にとっての関心事は、「その情報が自分にとって有益か?」ということです。 あなたの熱烈なファンでもない限り、あなたのことにはそれほど関心がありません。 ですので、情報発信をする際は読み手にフォーカスを当てることを意識しましょう。

具体的には、「一人称(僕・私など)を多用しない」ということ。以前別の記事でもお伝えした内容にはなりますが、「わたし」を多用しないことで読まれやすい記事になります。

コツ6:読み手との共通点を探す

人間は何かしらの共通点があれば、それをきっかけに相手に対して親近感を抱きやすくなる傾向があります。 そこで、些細なプライベートなことやパーソナルな部分を伝えてみるのも効果的です。自分から先に自己開示することで、返報性の法則が効き、相手も自己開示してくれるようになるでしょう

スポンサーリンク

コツ7:弱み・人間味を見せる

普通は隠したがるような弱みや人間味を見せることで、共感・親近感を得やすくなります。

コツ8:フレーミング効果

「同じ内容であっても、表現方法によって違う印象を与える」 これをフレーミング効果といいます。

具体性を付け加える

(例)

「毎月3万円稼ぐ方法」

 ▼

「20年間、完全自動で毎月3万円稼いでいる方法」

「実践直後から、継続的に毎月3万円稼ぐ方法」

同じ意味合いですが、具体性を付け加えたことでより良い印象となりました。

言い回しを変える

「10人いれば1人は失敗します」

 ▼

「成功率90% です」

ここではネガティブではなく、ポジティブな部分を強調して言います。

コツ9:アンカリング

「予め提示された情報が、意思決定に強く影響を与える」という心理現象です。

(例)

定価120000円→今だけ!3万円!10個限定です!

このように、事前に伝えられた情報が後の情報に強く影響するということです。

コツ10:イエス・セット

人間は一度自分で決断してしまうと、なかなか取り下げることができないという心理が働きます。 そこで小さなYESを積み重ねて、NOと言えなくさせてしまうという手法です。これは『影響力の武器』という本の『コミットメントと一貫性』という法則のより具体的に使う手法です。

コツ11:たとえ話

たとえ話を使ってわかりやすく表現するのも、伝える文章では重要です。これがあるかないかでは、相手への伝わり方が全然違ってきます。以下の記事はたとえ話を多く活用した事例です。

コツ12:イメージさせる

文章の背後にある光景をイメージさせることも効果的です。

(例)

「たしかに副業で稼ぐのは大変かもしれません。 ですが、2年間がんばった先にあるあなたの生活を想像してみてください。

毎月家族と旅行に行ったり、子どもに好きな習い事をさせてあげたり、記念日にはパートナーに素敵なプレゼントを用意したり・・・

こんな素晴らしい日々があなたを待っているのです」

「想像してみてください」と記載することで、より頭の中で文章をイメージ化しやすくなるという効果があります。

コツ13:相手の価値観を尊重する

人間は他人から価値観を押し付けられることを嫌う傾向があります。 そして、その価値観とは「自分が想像できる範囲内」であることが多い。

(例)

「汗水垂らして一生懸命に働いてお金を稼ぐことは素晴らしいことですし、美徳とされて いるところでもあります。

僕の父も、僕を育てるために朝から晩まで何一つ文句を言わずに何十年も働いてくれました。 そんな父を心から尊敬しています。 ですが身体は1つ、そして1日は24時間しかありません。 これは変えることのできない事実です。

つまり、時間と労力を切り売りしてお金を稼ぐ方法には限界があるのです。

そこで、もしあなたが働いている時間以外にも収入を得られる方法があるとしたら、少しは興味ありませんか?

このように、相手の現状を受け止め理解し、その上でこういった選択肢もある、というように伝えることで、相手の価値観をけがすことなく伝えることができます。

さいごに

ブログ初心者はうまい記事をいきなり書くことはできません、これら13のテクニックから、すぐ使えそうなものを抜粋して活用することで、良記事になるでしょう。ぜひ、何度も見返し、ご自身の記事に取り入れて活用してみて下さい。

参考書籍

キンドルアンリミテッドで読むことができます。詳しい内容が書いてありますので、ぜひ一読してみて下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました