【初心者必見】投資は貯金がいくらになってから始めるのが良いか【徹底解説】

▼投資信託

今回は「【初心者必見】投資は貯金がいくらになってから始めるのが良いか【徹底解説】」というテーマでお伝えしていきます。

これから投資をしようと思うけど、貯金がどれくらい貯まってから始めるべき?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 貯金がいくらになったら投資できるかわかる
  • その貯金額である理由がわかる
  • 貯金以外を投資に回しても問題ない理由がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】投資は貯金がいくらになったら始めるべき?

では、投資をするには貯金額がいくら必要なのかズバリ結論を言うと、生活費3ヶ月分です。

生活費3ヶ月分のお金が用意できたら、3ヶ月分以外はすべて投資してしまいましょう。

【2】なぜ3ヶ月分なの?

なぜ3ヶ月分なのかというと、3ヶ月分のお金があれば急な出費にも耐えられますし、3ヶ月はなにもしなくても生きていくことができます。

2ヶ月分じゃあ急な出費には耐えられませんし、かと言って4〜5ヶ月分となると貯められない人もいます。

このちょうどバランスがいいのが3ヶ月分なのです。

【3】投資資金はいつでも引き出せる

また、投資信託とか証券会社は、だいたいのところが一週間もあれば引き出せます。

なので、3ヶ月分以上のお金は現金として必ず持っておくべき資産ではなく、他に預けておいて必要なときだけ引き出せばよいのです。

【4】生活資金以外は投資すべき

なので3ヶ月分の生活資金以外はすべて投資に回せば良いと考えます。

証券会社に預けたらお金を失うわけではないく、数%プラスにもマイナスにも値段が変動するというかんじなので、預けたらさいごではありません。

証券会社に預けたあとでも簡単に引き出すことは可能なので、3ヶ月分以外はすべて投資に突っ込みましょう。

【5】お金が足りなくなったら?

仮に、もしお金が足りなかったり、必要になる場面が来たとしたら、そんなときは必要な分だけ引き出せば良いです。

さっきも言ったように、証券会社に預けたり、投資をしても0円になるわけではないので、お金の価値は同等にあります。

足りなくなったら必要な分だけ証券口座からお金を引き出しましょう。

【6】さいごに

さいごに「【初心者必見】投資は貯金がいくらになってから始めるのが良いか【徹底解説】」のまとめです。

  • 投資を始めるなら3ヶ月分の生活資金が貯まってから
  • なぜなら3ヶ月分あれば急な出費にも耐えられる
  • 投資信託であれば一週間で引き出せる
  • なので3ヶ月分の生活資金以外はすべて投資に回せば良い
  • 必要になったら必要な分だけ引き出す

投資をしたところでいきなりお金がなくなったりはしません。

1万円預けたらせいぜい9900円とかに下がるくらいです。

投資をしたあとでもちゃんと資産価値は同等にあるので、3ヶ月分たまったら投資を始めましょう。

まだ積立NISAや投資信託など始めたことがない人は、以下のリンクからキャンペーンを申し込みすればキャッシュバックがあるので、サクッと口座開設だけでもしときましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました