投資信託の積立日はいつがおすすめ?最適な日にちを解説

投資信託の悩み相談

今回は「投資信託の積立日はいつがおすすめ?最適な日にちを解説」についてお伝えしていきます。

投資信託の積立日に迷っているけど、いつが一番良いの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • オススメの積立日がわかる
  • なぜその積立日なのか根拠がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】投資信託の積立日はいつがおすすめなの?

思い立った日に始めるのが一番良いです。

理由は、積立投資は高いときや安いときに始めるよりも、早く始めるほど結果が出るからです。

なので、やろうと思ったら、その日に入金して、その日から積立開始しちゃいましょう!

【2】NISAやiDeCoなら月初が良い

その日にやるのがベストですが、投資商品によっては月初に始めた方が良いものもあります。

それがNISAとiDeCoです。

NISAとiDeCoは、投資で得た利益は非課税になります。

月末に積立すれば、非課税期間は少く、月初に積立すれば、1ヶ月分非課税期間を設けることができます。

なので、NISAやiDeCoのような、非課税期間がある投資は、月初に始めるのがオトクです。

【3】複数銘柄保有するならバラバラが良い

1銘柄だけでなく、複数の銘柄を保有する方は、積み立てる日にちをバラバラにするのがよいでしょう。

例えば、3銘柄保有しているのなら、1日、11日、21日というように、3回に分散します。

そうすることで、暴落が起きても時間が分散されればリスクも分散されるので、少ないリスクで対応できます。

なので、複数の銘柄を保有するなら時間を分散させることがオススメです。

【4】さいごに

さいごに「投資信託の積立日はいつがおすすめ?最適な日にちを解説」おさらいです。

  • 投資信託は早く始めるのが一番良い
  • なぜなら早く始めることで結果に違いが出るから
  • NISAやiDeCoの場合は月初が良い
  • 月初であれば非課税期間が1ヶ月分しっかりとれるから
  • 複数の銘柄を保有しているのなら、積立日はバラバラに分散させるのが良い
  • 分散させることでリスクを軽減させることができる

持っているものによって日にちを分け、正しく分散させることで、少ないリスクで運用できるので、是非参考にしてみてください。

まだ始めていない方は、今やっているキャンペーンでオトクにはじめましょう!

以下のリンクから直接ホームページへ飛べるので、まずは、無料で口座開設だけでもサクッと終わらせましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました