【超カンタン】投資信託とつみたてNISAの違い5選

投資信託の始め方

今回は「【超カンタン】投資信託とつみたてNISAの違い5選」についてお伝えしていきます。

投資信託とつみたてNISAって似てるけど、なにがちがうの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 投資信託とつみたてNISAの違いがわかる
  • どちらに投資をすべきかわかる
  • それぞれの特徴がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】【超カンタン】投資信託とつみたてNISAの違い5選

投資信託とつみたてNISAは、全部で5つの違いがあります。

それぞれわかりやすく解説していきますので、最後までご覧ください。

(1)口座数

投資信託は複数の口座を持つことができるのに対して、つみたてNISAは1人1口座のみです。

(2)銘柄数

投資信託は銘柄数がかなり豊富なのに対して、つみたてNISAは厳選された銘柄数です。

(3)積立金額

投資信託は毎月いくらでも積立できるのに対して、つみたてNISAは年間40万まで投資ができます。

(4)積立年数

投資信託は何年でも積立できるのに対して、つみたてNISAは20年間の投資枠があります。

(5)利益に対する課税

投資信託は利益が出たら20.315%税金で取られるのに対して、つみたてNISAは非課税なので税金はかかりません。

【2】どちらから始めるのが良いか

ではこれらの違いを含めて、どちらから投資をしていくべきなのかというと、ズバリ「つみたてNISA」から始めていくのがベストです。

なぜなら、「つみたてNISA」であれば、優秀な銘柄を取り揃えているので失敗しづらく、税金もかかりません。

投資信託で選びたいと思う銘柄は、つみたてNISAにもあることが多いので、まずはつみたてNISAの枠を使い切ることから始めましょう。

【3】どの銘柄に投資をすれば良いか

では、実際に投資をするとして、どんな銘柄に投資をすればよいか解説します。

結論、「eMAXSIS Slim 全世界株式」がベストだと思います。

世界中の上場企業に投資をしてくれますし、世界はまだまだ経済成長をしていくのて、この銘柄がベストです。

【4】さいごに

さいごに「【超カンタン】投資信託とつみたてNISAの違い5選」おさらいです。

  • 投資信託は複数の口座を持てるが、つみたてNISAは1人1口座のみ
  • 投資信託は銘柄数がかなり豊富だが、つみたてNISAは厳選されている
  • 投資信託はいくらでも積立できるが、つみたてNISAは年間40万まで
  • 投資信託は何年でも積立できるが、つみたてNISAは20年間
  • 投資信託は利益が出たら20.315%税金で取られるが、つみたてNISAは非課税のため取られない
  • まずはつみたてNISAから始めるのが良い
  • つみたてNISAの枠を使い切ったら投資信託にするのが良い
  • 個人的には全世界株式がオススメ

とりあえず、投資をしていない人は、キャンペーンのあるライン証券で「つみたてNISA」を始めるのが良いです。

銘柄は、全世界株式が個人的にはオススメです。

無料で口座開設できるので、サクッと終わらせましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました