【かんたん解説】投資信託やめどきはいつ?正しい売却タイミングなど解説

投資信託の悩み相談

今回は「【かんたん解説】投資信託やめどきはいつ?正しい売却タイミングなど解説」についてお伝えしていきます。

投資信託で利確するタイミングとか、やめどきっていつなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 投資信託の売却タイミングがわかる
  • 投資信託のやめどきがわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】正しい売却タイミングはココ!

正しい売却タイミングは、ズバリ「必要なときに必要なだけ引き落とす」のが答えです!

もちろんやめたくなったら辞めてもいいですし、辞めるタイミングは各自の自由なのですが、「ムダに損したくない」とか、「利確タイミングでミスしたくない」という気持ちを持っている人は、必要なときに必要なだけ引き落とすのがベストです。

【2】なぜ必要なときに必要なだけ?

なぜかというと、相場の値動きは読めないからです。

値段が高いときに売れるのが一番良いのですが、そんなタイミングは正直誰にも読めませんよね。

例えば、高くなったから売ってみたら、まだまだ上がってったり、そろそろ売ろうと思ってたら、先に暴落してしまったり。

高いときに売るというのは、非常に難しいのです。

なので基本はずっと保有しながら、お金が足りなくなったり、必要になったときに、必要な金額だけ引き落とすようにすると良いです。

【3】心も安定しながら取引できる

そうすることで、保有している資産は地道に増えていきますし、ムダに売買してしまうこともないので、心も安定します。

変に売買してしまうと

「タイミング逃したー!」

「変なタイミングで売ってしまったー!」

と、心をかき乱され、ムダに消耗してしまいます。

安定した気持ちで取引できるのは、投資をする上でわりと大事な部分なので、必要なときに必要なだけ引き落とすのがオススメです。

【4】さいごに

さいごに「【かんたん解説】投資信託やめどきはいつ?正しい売却タイミングなど解説」おさらいです。

  • 正しい売却タイミングは「必要なときに必要なだけ引き落とす」
  • なぜなら値動きは誰にも読めないから
  • 基本は保有し続け、いるときだけ一部売却するのがよい
  • そうすることでムダに消耗しない
  • 落ち着いた取引ができる

投資信託は基本保有し続けていれば勝手に増えていきます。

売るタイミングをはかるのは難しいので、必要なときに必要なだけ引き落とすようにするのがよいでしょう。

口座開設してない方は、以下のリンクからホームページへ行けるので、サクッと無料で始めてみましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました