【必須知識】積立投資の解約タイミングはいつがベスト?

記事一覧

今回は「【必須知識】積立投資の解約タイミングはいつがベスト?」についてお伝えしていきます。

積立投資してお金はたまっていくけど、いつ解約したらいいの?

こんな悩みを持っている方に最適な内容となっています。

今回の内容を理解することで、より正しい資産運用の知識が高まり、積立している銘柄の出口戦略もわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

コインチェック

【1】基本解約はしない!

まず結論というか、大前提として、解約は必要ありません。

解約するということは、全額日本円に戻すということです。

まず解約はしなくて大丈夫です。

【2】じゃあどうしたらよいか

解約はせず、そのまま積立し続け、必要なときに、必要な金額だけ引き出せばよいです。

投資をしていれば基本は増えていくので、その銘柄は自分の資産として持ち続け、その一部を売却して引き出していくのがベストです。

初株キャンペーン

【3】なぜ一部売却が良いの?

解約するということは、全額日本円に戻すということでもあり、増えることも減ることもない資産へと変わります。

しかし、株式や不動産、仮想通貨など、一時的に減るかもしれないけど、増える可能性の方が大きい商品に積立し続けることで、資産は少しずつでも増えていきます。

全部売却したら、増えも減りもしなくなりますが、保有し続けていれば、増える可能性の方があります。

となれば、必要な分だけ必要なときに引き出していくのが正解です。

投資商品は、長期積立していれば増えていくので、一部現金化が正解です

【4】さいごに

さいごに「【必須知識】積立投資の解約タイミングはいつがベスト?」おさらいです。

  • 基本は解約せず積立し続ける
  • 必要なときに必要な分だけ売却
  • そうすることで資産は増えていく
  • 全部売却するのはNG

必要な分だけ売却し、基本はずっと積立し続けていくのがよいです。

資産は分散させるのが良いので、そこを意識していきましょう。

まだ投資を始めていない人、資産を分散していない人は、以下のリンクからやってない投資を始めて、分散積立していきましょう。

⇨「コインチェック」公式サイト

⇨「ライン証券」公式サイト

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました