【シミュレーション】積立NISAを満額積立したら20年後はいくらになるのか

投資信託の悩み相談

今回は「【シミュレーション】積立NISAを満額積立したら20年後はいくらになるのか」についてお伝えしていきます。

つみたてNISAで20年間満額で積立し続けたらどのくらいの利益が出るの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 自分の投資の参考になる
  • つみたてNISAをやってない人もやるべき理由がわかる
  • つみたてNISAを20年間満額投資をしてみた結果がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】つみたてNISAを満額満期積立したら?

つみたてNISAは、年間40万円×20年間最大で積立できるのはご存知ですよね。

では、満額積み立てたときにどんな結果になるかはシミュレーションしたことありますか?

それを今回は解説していきます。

【2】シミュレーション結果

さっそくシミュレーション結果を見てみましょう。

年間40万円×20年運用したときのシミュレーション結果はこちらです。

年間40万を12ヶ月に分割すると端数が出るので、積立金額が40円ほどズレてますが無視してください。

毎月約3万円を20年間積立し続けたら、総額は1,736万となりました。

積立した額の2倍以上という結果です。

【3】20年後の出口戦略

では、その非課税期間が終わる20年後、つみたてNISAに投資をしているユーザーはどのような出口戦略を取ればいいのか、3つの戦略があるのでご紹介します。

(1)売却して現金化する

1つ目は、売却して現金として保有することです。

全部売却したとしても税金はかからないので、ほぼ全て自分の資産になります。

もしこれが普通の投資信託と考えると、200万近く税金を払わないといけないので、恐ろしいですね。

(2)課税口座で引き続き運用する

2つ目は、投資信託で同じ銘柄を引き続き運用し続けるという方法です。

これが一番ラクです。

そのまま放置しておけば勝手に課税口座へと変わるので、そのまま運用し続けることが可能です。

そして、現金で持つ場合は増えていきませんが、引き続き運用していれば資産は増えていきます。

基本は運用し続けていれば問題ないでしょう。

(3)iDeCoを運用する

さいごはiDeCoで運用することです。

iDeCoを使えば、掛け金は所得控除となりますし、運用益も引き続き非課税で運用できます。

一番オトクに運用できるのはこの方法なので、引き続きオトクに資産運用したい方は、つみたてNISAが終わったら、iDeCoに切り替えるのがオススメです。

【4】さいごに

さいごに「【シミュレーション】積立NISAを満額積立したら20年後はいくらになるのか」のまとめです。

  • 月約3万円×20年間運用したら1,736万になった
  • つみたてNISA終了後の出口戦略は3つある
  • 売却して現金化すること
  • 課税口座で引き続き運用すること
  • iDeCoを活用してオトクに運用し続けること

つみたてNISAが終わったあとは、現金化するよりもほのまま投資を続けていた方が資産は増えるので、運用したほうがいいでしょう。

iDeCoもさらに活用すれば、もっとオトクに長い期間非課税で運用できるので、税金を払いたくない方は、iDeCoの活用が一番いいです。

まだそんなこともよくわからない方は、とりあえずキャッシュバックのある「ライン証券」でつみたてNISAを始めておけば、自然とお金は増えていくので、口座開設だけでも無料でやっておくとよいでしょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました