【必須知識】積立NISA(つみたてNISA)3つのデメリットとは?

投資信託の悩み相談

今回は「【必須知識】積立NISA(つみたてNISA)3つのデメリットとは?」についてお伝えしていきます。

つみたてNISAを始めたいけど、どんなデメリットがあるの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • つみたてNISAの特徴がわかる
  • つみたてNISAのメリット・デメリットがわかる
  • つみたてNISAを始めるべきかどうかがわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、年間40万円×20年間という枠の中で厳選された銘柄に投資ができ、そこで得た利益は非課税という制度です。

本来投資で利益が出た場合、20.315%の税金が発生するのですが、それが一切ないのがつみたてNISAです。

【2】つみたてNISAのメリット5選

では、どんなメリットがあるのかをまずは解説していきます。

(1)運用コストが低い

1つ目のメリットですが、つみたてNISAの銘柄は、運用コストが低いものばかりのため、無駄に手数料を払わなくて良いです。

長期で運用するにあたって、手数料というのは地味にお金がかかるので、低いに越したことはありません。

運用コストがあまりかからないので、オトクに資産運用ができます。

(2)少額から始められる

2つ目のメリットは、少ない資金で始められることです。

具体的な金額で言うと、1,000円からでも始めることができるので、どんな方でもオトクに資産運用ができます。

どんな方でも少額から始められるのでオススメです。

(3)いつでも引き出し可能

3つ目のメリットは、つみたてNISAで投資したお金はいつでも引き出し可能なことです。

投資をしたらそのまましばらく引き出せないとか、引き出すのに時間がかかるとか、そんな心配も一切ありません。

長くて1週間あればいつでも簡単に引き出すことができます。

(4)初心者でも銘柄選びが簡単

4つ目のメリットは、銘柄が厳選されているので、初めての投資初心者でも簡単に銘柄選びができます。

つみたてNISAは、金融庁によって厳選された優良銘柄しか取り揃えていないので、どれを選んでも良い結果が出るようにできています。

初めての方でも簡単に銘柄選びが可能なので、安心して始めることができます。

(5)つみたてNISAで得た利益は非課税

最後のメリットは、つみたてNISA運用中に発生した利益には一切税金がかからないことです。

本来投資で得た利益は、20.315%の税金がかかってくるので、1,000万儲けたら200万税金になりますが、つみたてNISAの場合は税金を払わなくて良いです。

つみたてNISAで得た利益は非課税なので、超オトクに積立投資ができます。

【3】つみたてNISAのデメリット

つづいて、つみたてNISAをやる上でどんなデメリットがあるのかも解説していきます。

(1)元割れのリスクがある

まず1つ目のデメリットは、元本割れのリスクがあることです。

投資なので、得することもあれば損することもあるため、元本割れしてしまうことも一時的にあります。

ただ、長期で運用すれば株式市場は右肩上がりになっていくので、長く運用しリスクを減らしましょう。

(2)投資商品が限定されている

2つ目のデメリットは、投資できる銘柄が少ないことです。

つみたてNISAは金融庁が定めた制度のため、投資信託や一般NISAと比べると、圧倒的に選べる銘柄が少ないです。

ただ言い方を変えれば、厳選された優良銘柄しかないので、逆にメリットでもあります。

(3)損すると税制優遇を受けられない

最後のデメリットは、20年間運用して最終的に損して終わると、非課税という税制優遇を受けられないことです。

ほとんどの確率でプラスになって終わりますが、もし仮に20年後マイナスで終わってしまえば、つみたてNISAの最大のメリットを受けることができなくなります。

20年運用して、マイナスになったときだけ注意が必要です。

【4】さいごに

さいごに「【必須知識】積立NISA(つみたてNISA)3つのデメリットとは?」のまとめです。

  • つみたてNISAとは厳選された銘柄に40万×20年投資ができ、そこで得た利益は非課税な制度
  • メリット1:運用コストが低い
  • メリット2:少額から始められる
  • メリット3:いつでも引き出し可能
  • メリット4:初心者でも銘柄選びが簡単
  • メリット5:つみたてNISAで得た利益は非課税
  • デメリット1:元割れのリスクがある
  • デメリット2:投資商品が限定されている
  • デメリット3:損すると税制優遇を受けられない

つみたてNISAはまだ他にもメリットが多くあり、デメリットはこれだけしか存在しません。

これらのデメリットは、投資初心者でも失敗しないために作られているので、どんな方が始めても、上手くいくようにできています。

まだつみたてNISAを始めていない方は、ライン証券ならキャッシュバックもあるので、始めるときもオトクに始めましょう。

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました