【子育て世帯必見】積立NISAと学資保険どっちを始めるべきか解説

記事一覧

今回は「【子育て世帯必見】積立NISAと学資保険どっちを始めるべきか解説」というテーマでお伝えしていきます。

子供の将来のためにお金を貯めたいけど、何を始めたらいいんだろう?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 子供にかかる教育資金がいくらかわかる
  • 積立NISAと学資保険の特徴がわかる
  • 子供にとって適切な資産運用がわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】子供の教育資金はいくらかかる?

まず子供の教育資金はいくら必要になるかしっていますか?

幼稚園に入ってから高校を卒業するまでに、次のようなケースでお金がかかってきます。

引用:文部科学省ー子供の学習費調査

統計的に一番多い流れは図のケース2が一番多く、その次に多いのはケース3のようです。

18歳になるまでの教育資金は、だいたい600万円〜800万円かかってきます。

月で換算すると、毎月4万円くらいは教育資金として必要になってきます。

【2】学資保険で準備できる金額は?

では、学資保険で準備できる金額はいくらぐらいなのか調査してみました。

引用:価格ドットコム

価格ドットコムでシミュレーションが出来たので、返戻率が高い順にしてみたところ、一番高い返戻率で105.5%でした。

返戻率が低いところだと、66.9%しか返ってこないようなので、保険会社選びは慎重に行わなければなりません。

死亡した際に保険料が降りたりするみたいですが、満額積立で105.5%が一番多く戻ってくるという結果でした。

【3】積立NISAで準備できる金額は?

つづいて、つみたてNISAで準備できる金額はいくらぐらいなのか、学資保険と同じ条件の18年間でシミュレーションしてみました。

引用:楽天証券シミュレーション

つみたてNISAの場合は、年間40万円×20年という枠が決まっているので、満額で積立した場合の結果は、投資金額の約2倍となりました。

また、つみたてNISAなら運用益は非課税なので、得た利益はほぼ全て自分のものになります。

【4】結局なにがオススメなの?

では、これらの結果を踏まえてどちらが良いかというと、言うまでもなくつみたてNISA一択です。

18歳になるまでに必要な教育資金は、だいたい600万円〜800万円が全国平均なので、学資保険では圧倒的に満たないです。

また、大学へ行くとなるとさらに資金は必要となるため、あと2年余分に積立できるつみたてNISAの方が圧倒的に良いでしょう

余談ですが、学資保険の場合は途中で引き出すことができませんが、積立NISAならいつでも引き出すことが可能です。

【5】さいごに

さいごに「【子育て世帯必見】積立NISAと学資保険どっちを始めるべきか解説」のまとめです。

  • 幼稚園〜高校までに平均600万〜800万かかる
  • 学資保険だと返戻率は高くても105.5%
  • 積立NISAだと約2倍になり返ってくる
  • 年間40万満額積立すれば高校卒業後1400万円になって返ってくる
  • 学資保険は途中引き出しできないが、つみたてNISAならいつでも引き出し可能
  • 子供の資金を作るならつみたてNISA一択

少ない資金で効率よくお金を増やし、途中引き出し可能なつみたてNISAの方が圧倒的に良いでしょう。

子供にとってお金の勉強にもなりますし、かんたんに引き出せたりと自由度が高いのも特徴です。

子供の教育資金が準備できていない方は、以下のリンクからつみたてNISAを始めましょう!

ライン証券」なら、無料で始めるだけでキャッシュバックも貰えるので、後回しにせず、5分程度でサクッと開設だけでもしておきましょう!

⇨「ライン証券」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました