【5分でわかる】積立NISAの枠を使い切ったら次は何に投資をすべき?

▼仮想通貨

今回は「【5分でわかる】積立NISAの枠を使い切ったら次は何に投資をすべき?」というテーマでお伝えしていきます。

つみたてNISAに満額投資して余力があるけど、次投資するなら何がオススメなの?

こんな悩みを解決していきます。

この記事のゴール
  • 積立NISAの次に始めるべき投資がわかる
  • その投資の特徴がわかる
  • 投資で成功するためのポイントがわかる

ぜひ最後までご覧ください。

初株キャンペーン

【1】つみたてNISAが終わったらコレ

つみたてNISAの枠を使い切ってもまだ余剰資金がある場合、次は何に投資しようかって悩みますよね。

そんな方に、つみたてNISAの次の投資先を解説します。

全部で3つあるので最後までご覧ください。

(1)投資信託

まず一つ目は、世界中の株式や不動産に積立投資ができる投資信託です。

投資信託であれば積立 NISA と勝手はほぼ変わらないので手を出しやすいという側面と、株式だけでなく不動産にも手を出せるのが特徴です。

少額から幅広い銘柄に積立できるの、投資信託をオススメします。

(2)iDeCo

続いては節税効果が最も高い投資の一つであるiDeCoです。

iDeCoであれば、投資した金額は所得控除となり、得た利益は非課税なので、投資としては非常に優秀です。

60歳まで引き出せないという制約はありますが、老後資金を作るなら最適な投資と言えます。

(3)仮想通貨

さいごは、最もリスクが高く最もリターンの可能性が高い仮想通貨です。

仮想通貨はリスクが高いので、少額から積み立てすることで、極限までリスクを下げることができ、その少ないリスクで大きなリターンを得られます。

大金を突っ込むのはよくありませんが、少額積立ならローリスクハイリターンな運用が可能なのでオススメです。

【2】個人的にオススメな優先順位

この3つの中の優先順位はというと、ぼくの場合は「投資信託→仮想通貨→iDeCo」です。

iDeCoは60歳まで引き出せないというのが個人的に好きではなく、仮想通貨よりも投資信託の方が確実なので、このような優先順位となりました。

年齢や持っている資産によってもこの優先順位は変わってくるので、あくまでこれはぼく個人の優先順位です。

【3】投資で成功するためのポイント

では、今後投資で成功するためには自分で銘柄選びや投資先を決めなければなりません。

その上で大切なポイントが何なのか知りたい方が多いと思うので解説します。

(1)長期保有すること

まず1つ目は、20年〜30年という長期で保有することです。

長い目で見たときに数年レベルの短期だと、コロナショックのような経済ショックは必ず起こります。

しかし、それを長期で保有することで、しっかり経済は回復して右肩上がりとなります。

まずはその銘柄が一生保有できる銘柄なのか、しっかり調べましょう。

(2)分散投資をすること

2つ目は、資産を分散させることです。

現金だけでも株式だけでもなく、現金、株式、不動産、ゴールド、仮想通貨のように、銘柄も資産も分散させることで、何かが下がっても何かが上がっているという助け合いのポートフォリオができます。

分散投資も投資の基本なので、銘柄も投資対象も分散させてリスクを減らしましょう。

(3)積立投資をすること

3つ目は、一括投資をするのではなく積立投資をすることです。

一括投資の場合は買った位置から高くないと利益は出ませんが、積立投資なら下がったあとでも利益が出ます。

下がってからも買い続けることで平均保有単価が下がり、その下がった平均保有単価より高ければ利益が出るので、積立投資の方が少ないリスクで運用できます。

一括投資は難易度が高いので、積立投資をして、投資タイミングも分散させましょう。

(4)コストがかからないこと

4つめは、税金なり手数料なり可能な限りコストがかからないものを選ぶことです。

税金や手数料というのは、少なければ少ないほど資産が残り、その資産は複利の効果で大きくなります。

自分の資産を無駄に排出しないよう、コストをかけない投資をしましょう。

(5)自分の意志で決めること

さいごは、人に言われたからやるとか、有名な人が言っているからとかでもなく、自分の意志で決めることです。

相手に決定権を預けてしまうと、例えば含み損を抱えているときは、あいつの言ったことはウソだった!となり、含み損を確定させてしまいます。

決定権が自分にあれば、この銘柄はこういう根拠で買ったから、今の含み損は一時的だ!というように、含み損に対するメンタルが断然違います。

投資においても決定権は常に自分が持ち、自分が納得したものに投資をしましょう。

【4】さいごに

さいごに「【5分でわかる】積立NISAの枠を使い切ったら次は何に投資をすべき?」のまとめです。

  • つみたてNISAが終わったあとは次の3つがオススメ
  • 株式や不動産に積立ができる投資信託
  • 節税効果の高いiDeCo
  • 少額でハイリターンを望める仮想通貨
  • 個人的には投資信託→仮想通貨→iDeCoの順番がオススメ
  • 投資で成功するために次の5つのポイントが重要
  • 長期保有すること
  • 分散投資をすること
  • 積立投資をすること
  • コストがかからないこと
  • 自分の意志で決めること

優先順位は投資信託→仮想通貨→iDeCoでしたが、もちろん全部同時に始めたって問題ありません。

自分の中でベストだと思う投資をすることが成功への鍵になります。

つみたてNISAなど、まだ初めてない方は以下のリンクからキャンペーンに応募して、オトクに始めましょう!

⇨「ライン証券」公式サイト

⇨「コインチェック」公式サイト

初株キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました