【知っておいて損はない】ライティングにおける5つの文章のコツ

記事一覧

はじめに

こんな方におすすめです。

  • ライティング初心者で文章が上手くならない方
  • ライティングの知識を付けたい方
  • 今の文章をさらに良くしていきたい方

主語を「あなた」にする

主語を「私」から「あなた」に換えたり、「読み手視点」に切り替えることで、相手に読まれやすく、届きやすい文章になります。 まずは 1文だけでも、「私」が主語の文章を、「あなた」が主語の文章に換えてみると、その違いにきっと驚きます。

(例)

『私は』最近、重い腰を上げ、YouTubeをはじめました! ついに『私も』YouTuberデビュー

(解説)

文章が『私』すぎると読む気力が無くなってきてしまいます。読み手は筆者のことは気にしておらず、響くメッセージを探しています。今までの文章を見返して、主語が『私は』になっていないか確認してみましょう。

「?」を乱用しない

「?」が続くと、読み手は尋問されているような気分になり、不快感を覚えます。

1文は50文字以内

句読点や改行のない、文字の塊は読み手を疲れさせます。基本は「1文=1メッセージ(1文1意)」

相手に負担を与えない

「相手に考えさせる」という負担が多いほど、その負担の数だけ関係性は薄れていきます。

「説教」しない

何かを伝えるとき、「正しさ」はもちろん大切ですが、 真実の言葉は、ときに人を傷つけ、攻撃する武器になります。

説教じみた上から目線の文章にならない方法

  • NG例を自分の失敗談として語ること

誰かの失敗談であれば、それを鏡にして、素直にメッセージを受け取りやすくなります。

さいごに

今回は読まれやすい文章にするためのテクニックを5つ紹介しました。

  • 主語を「あなた」にする
  • 「?」を乱用しない
  • 1文は50文字以内
  • 相手に負担を与えない
  • 「説教」しない

これらが読まれやすい文章にするために必要な5つのスキルになります。 あなたに足りないものを見極めて身につけていき、早速自分の文章を見返してみましょう。

参考書籍

2021.1.28時点

キンドルアンリミテッドで読むことが出来ます

コメント

タイトルとURLをコピーしました