【 誰でも書けるようになる】 ライティングの全技術 〜知っておくべき12の技術〜

記事一覧

知っておくべき12のライティング技術

テーマの決定

テーマ(何を伝えるか)を決めないと、伝えたい内容を伝えられない。

テーマが思いつかない場合には、色々な情報に触れるようにする。

材料集め

テーマを決めたら材料を集める。

材料は、自分の外部・内部から集める。

集めた材料は、ノート・情報カードなど、様々なものにまとめておくことができる。

構成

材料を集めたら、構成を作る。

構成を作る方法には、

(1)大きい見出しから作る方法、

(2)小さい見出しから作る方法、

(3)同じ目的を持った文章の構成をまねる方法

がある。

執筆・推敲

構成を書いたものを見ながら、執筆する。

執筆の後は、推敲を忘れない。

批判的な態度で見直す

自分の文章を批判する態度を持って、推敲は行う。 

客観的な態度で見直す

自分の文章を客観視すると、誤り・わかりにくい箇所を発見しやすい。

客観視するには、

(1)時間を空ける

(2)印刷する

(3)音読する

(4)読み手を想像する

のが良い。

他人に読んでもらう

最も客観的な方法は、他人に読んでもらうこと。

対象とする読み手と、理解力や知識量が同じような相手に読んでもらう。

ポイントを絞って、読み返す

ポイントを絞って見返せば、注意が分散されず、改善点に気付きやすい。

書き写す

鍛錬の仕方として、わかりやすい文章を書き写すのが良い。

紙に手書きしても、ワードで書き写しても良い。

自分の文章を人に見せる

文章力を鍛えるには、自分の文章を人に見せるのが良い。

「わかりやすく書こう」という意識が働きやすいし、他人からのフィードバックも期待できるからだ。

技術を言語化する

「こうしたら文章を分かりやすくできるな」と気付くことがあれば、それを言語化する。

言語化しておけば、技術を見返せるようになる。

書く

繰り返し文章を書き、繰り返し技術を用いる。

そうして初めて、「わかりやすさ」を手に入れられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました