【家賃の節約術】家賃が高い方にオススメな節約方法2選

記事一覧

みなさんこんにちは!

きよまるライフハック図書館へようこそ!

今回は家賃が高い方にオススメな節約方法2選というテーマでお伝えしていきます。

こんな方にオススメ
  • 「もう少し家賃安くならないかな」
  • 「間取りが身の丈に合ってないかもしれない」
  • 「毎月の出費がきつい」

これらに当てはまる方は損している可能性があるので、最後まで見ていただければ参考になるでしょう。

▼発信内容

この内容は、Kindle UnlimitedAmazon Audibleを活用した読書によって得た知識と、実体験を元に展開していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【1】家賃を安くする節約方法2選

家賃を安くしようと思ったときにできる方法は、この2つしかありません。

  • 家賃交渉をする
  • 引っ越しをする

詳しく解説していきます。

(1)家賃交渉をする

「家賃はずっと定額で変わらないもの」と思っている方がいると思いますが、家賃は交渉次第で安くすることが可能です。

安くしてもらう為には、その交渉材料があるとよりOKしてもらえる可能性が高まるので、まずは理由を探しましょう。

例えば

  • 目の前に建物が建って日当たりが悪い
  • 周りの騒音がひどい
  • 同じ間取りで別の所の方が安いから、引っ越しを検討している

などの理由があると交渉しやすくなるでしょう。

交渉材料次第で安くできますので、一度管理会社や大家さんに話をしてみましょう。

(2)引っ越しをする

引っ越しをすることで、今よりも家賃を下げることができます。

次の条件に当てはまる方は、引っ越しを検討しても良いかと思います。

  • 一人暮らしなのに2LDKなど身の丈に合っていない
  • 家賃は給料の半分以上払っている
  • 特にこだわりがないのに、カウンターキッチンやオートロックなどがついた家に住んでいる

また、引っ越しする際に発生する初期費用も安くすることができます。

即決しようとせず、相見積もりをとったりして、「あっちはこれだけ安くしてくれたけどこちらはどうですか?」という安くする材料を、ここでも揃えましょう。

敷金なし・礼金なし・更新料なし・全国47の都道府県に100,000室以上!

【2】まとめ

さいごに今回のまとめです。

  • 家賃を安くする節約方法2選
    1. 家賃交渉をする
      • 家賃は交渉次第で安くなる
      • 値下げしてもらうための理由を集める
      • 類似した部屋の相場を調べておく
    2. 引っ越しをする
      • 身の丈に合った間取りを選ぶ
      • 初期費用を交渉して安くしてもらう

以上が家賃を安くする節約方法2選でした。

「めんどくさい」「また今度やろう」「お金に困ってない」など、やらない理由を考えるのは今からやめましょう。

今回の記事で、あなたにとって1番簡単なもの、もしくは1番有益だったものはどれでしたか?

それを今から行動しましょう!

▼無料でプレゼント

「読書の知識を1冊にまとめたnote」を無料で読むことができます!

きよまるライフハック図書館です!

  • 「本を読みたいけどめんどくさい」
  • 「どれを読んでいいかわからない」
  • 「手っ取り早く知識を身に着けたい」

そんなあなたのために!

「読書の知識を1冊にまとめたnote」をテーマにした無料で読めるnoteを書いています。

基礎的なこと〜中級者向けの教科書なので、すでに本を読む習慣がある方や、知識がある方は、得られるものは少ないかもしれません。

大した知識が得られなかった場合、24時間以内であれば返金可能なので、気軽にキャンセルしてください。

このnoteを読んでもらえば

  • 「複数の本を読むことなく、たった1冊で読みたいジャンルを理解することができる」
  • 「更新され続けるので、わざわざ新しい本を買って情報を仕入れる必要がない」
  • 「たった1冊にまとまっているので、最強の時間効率になる」

こんな未来が待っています。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」の内容は、以下の内容となっています。

などなど、、、

新しく仕入れた知識も追記して、どんどん更新していきます。

繰り返しですが、すべて購入後24時間以内は無料で読めます。

気に入ったらそのままご購入頂けるとモチベーションに繋がりますし、今後更新される情報も得ることができます。

もしお金を払いたくなければ、コピペしてキャンセルもOKです。(転載は著作権違反になるので注意してください!)

数十冊分の本を1冊で読むことができるので、正直かなりオトクです。

すべて目次までは誰でも見れるようになっていますので、ぜひ目次だけでも確認してみてくださいね。

「読書の知識を1冊にまとめたnote」はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました